ようこそ、お入りを・・・。

2015/10/29

根津美術館・特別茶会  他会記

東京・青山にあります
根津美術館では

現在『根津青山の至宝』という
特別展が開かれています


本日は
その特別展に合わせて企画された

「家庭画報サロン」による
『根津美術館での特別茶会』に
参加させていただきました



クリックすると元のサイズで表示します
根津美術館


茶会の開かれている茶室内や道具などは
写真を撮ることができませんでしたが

庭園・点心は撮影が許されておりましたので

気ままに写したものですが
よろしければご覧ください


しばし
市中の山居のたたずまいを
お楽しみいただけたらと思います


クリックすると元のサイズで表示します
玄関アプローチ


クリックすると元のサイズで表示します
美術館ロビー


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
茶室「披錦斎」


このお茶室で
宗和流のお点前にて
濃茶をいただきました


道具組は
昭和4年に初代根津嘉一郎が開いた
名残茶会に準じた取り合わせで

お床には
松花堂昭乗筆 沢庵宗彭賛 大津馬図


鉄やつれ風炉に
松花堂好四方釜がかかり


茶入は
中興名物 瀬戸玉柏手  銘村雨


そして

重要文化財の

堅手茶碗 銘長崎 は

手に取って拝見させて下さいました



クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
茶室「弘仁亭」

こちらで
東京・吉兆の特別点心をいただきました


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
向付  鯛昆布〆 他


クリックすると元のサイズで表示します
椀盛り 牡蠣豆腐 他


クリックすると元のサイズで表示します
縁高 まながつお西京漬け 他


クリックすると元のサイズで表示します
蒸し寿司

クリックすると元のサイズで表示します
昼食をいただいた後は

学芸員の方のご案内で
美術館内の名品の数々を
鑑賞いたしました


深まる秋の一日
心豊かなひとときを
堪能させていただきました

12


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ