ようこそ、お入りを・・・。

2017/7/28

大徳寺月次利休忌茶会    他会記

今日は一人で
大徳寺月次利休忌茶会に出掛けて参りました
クリックすると元のサイズで表示します
夏の暑い時でもあるし
受け付け時間もお昼までということで

参加される方が少ないかと思いきや
いつも以上の大勢の方々が参集されていました

特に
夏休みに入った学生さんたちが
たくさん来られていて
普段とは違った華やぎがありました


クリックすると元のサイズで表示します
私はいつも
聚光院から行かせていただきます

本日は9時頃門をくぐりましたが
いただいた番号札は
既に90番台でした


法要の後
40名くらいずつお席に入らせていただきました


今日は
書院にて濃茶をいただきました


千住博画伯筆の『滝』が画かれた床には

吸江斎筆一行
『水流元入海』


閑隠席には
昭隠和尚画賛 雷

本日は
了々斎が建てたと伝わる「枡床席」も
拝見することができました



聚光院のお席の後
瑞峯院へ行きますと
受付で
「三席待ちですがいいですか?」と
尋ねられましたが
待たせていただくことにしました



席主は
ニューヨーク在住の
北澤恵子氏でいらっしゃいました



海外でお茶をなさっておられる方ならではの
バカラやティファニーなどの珍しいお道具と
表千家の伝統的なお道具との取り合わせに
お席主のセンスの高さを感じさせていただきました


とりわけ
此の度お心を入れられたのが
真葛焼の水指だったそうです

何でも
今日の日のために
特別に焼いていただいたのだそうで
マンハッタンの摩天楼が描かれていました


お運びには
お弟子さんだけでなく
席主のご主人や息子さんたちまで
ご家族総出でのご奉仕で

歯切れの良い口調でお話しされる席主の
お人柄の大きさとパワフルなエネルギーを
感じました



今日は
二席だけ入らせていただきましたが
終わって時計を見ると
すでに2時をまわっていました


待ち時間に
お二人の方からそれぞれ
「ブログを拝見しています」と
親しくお声を掛けていただいたことは
ゆくりなくも嬉しきことでした









15


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ