ようこそ、お入りを・・・。

2017/10/26

10月稽古場 5  稽古【洗心会】

今日は
風炉の最後のお稽古日でした

クリックすると元のサイズで表示します
『一期一会』
紫野大真師

花は
錦木と小菊

この小菊は
二年前に洗心亭での稽古を始めた頃
ご近所の方からいただいて
庭先に植えたものです



ずいぶん大きく育って
可愛い花を
こんなに沢山咲かせてくれるようになりました↓

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します
中置  濃茶点前



クリックすると元のサイズで表示します
主菓子  千代見草  鼓月製



クリックすると元のサイズで表示します
干菓子  京都の「井筒八ッ橋」と奈良・萬々堂通則の栗落雁(三彩風味)

どちらも
お弟子さんから頂戴しました


京都土産の定番「八ツ橋」には
いくつかのメーカーがありますが

こちらの「井筒八ッ橋」は
箏曲八橋流の祖・八橋検校に由来したお菓子だそうで

検校が教え伝えたと言われる
京の堅焼き煎餅を
琴の形に仕上げて
「八ッ橋」と名付けたのが始まりなのだとか・・・


そのことから
稽古場では
平家物語に登場する箏の名手・小督の話題となりました


嵯峨野に身を隠した小督が
愛しい人を想い奏でる箏の調べ・・・

仲秋の夜 白く光る月明かりのもと
かすかに聞こえてくる
その情景に思いを馳せているうちに

秋の日は
とっぷりと暮れてゆきました





6


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




AutoPage最新お知らせ