社会のカナリア 一歩前進 二歩後退

日々 思うこと 考えること 感じること

 
加齢とともにガンコになってきたと(泣)いわれてます。ここに書くことはそんなオッサンの妄想も混じっています、間違ってても、ひろ〜い心で笑って、許してください。

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:massy
拍手コメントに貴重なご意見をいただきました。管理人の解釈で要約して掲載させていただきます。

 〜〜以下要約〜〜

図書館の利用履歴が書店レベルで把握されているうちはいい、しかし、政府や宗教団体が、思想や言論を統制することに同じ技術が使えるんだということは大問題。

中国・北朝鮮は現にそれが行われているし、日本でも某宗教団体では信者管理にその方法を使っている。

だから、図書館業務の外部委託それ自体を非合法にする必要がある。

〜〜要約終わり〜〜

平成15年小泉内閣による地方自治法の改正により指定管理者制度が導入され民間が地方自治体の施設の管理を受託できるようになりました。

これも規制緩和の一環だったわけですが、ここまで考えが及ばなかったという点でわたし自身の反省を込めて図書館の民営化には反対します。

為政者もそこを考えるべきです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ