社会のカナリア 一歩前進 二歩後退

日々 思うこと 考えること 感じること

 
加齢とともにガンコになってきたと(泣)いわれてます。ここに書くことはそんなオッサンの妄想も混じっています、間違ってても、ひろ〜い心で笑って、許してください。

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:いいだばし

全面的に賛成です。

デフレの時代に消費増税とは呆れるばかりです。
雇用者所得が減り続ける中で消費に税金をかければ
貨幣の移動速度が低下し、企業の国内での収益が悪化し、
これで日本の実体経済は奈落の底に落ちるでしょう。
企業はますます人を雇わなくなります。
いまどき売上に10%もの税金をかけられて成り立つ商売なんて
あるのでしょうか? 電力会社ぐらいでしょうか? 微々たるものでしょう。
まっとうに儲かるビジネスが激減し、
まともな正社員の仕事も大きく減るのは間違いなく、
笑うのはアングラ・ビジネスの輩と公務員ぐらいでしょう。

財務省は財政危機を強く訴えますが、その一方で
省庁の予算や公務員人件費を削るという主張はしません。
既得権益のことしか頭にないからでしょう。
赤字ならさらにたくさん増税して
対応するという考え方しか頭にありません。
(むしろ名目GDPの悪化で税収は逆に減ると思いますが)

これほど重大な法案を選挙の審判を仰がずに可決したのは
”政治犯罪”といっていいでしょう。
今後民主党のマニフェストを
信じる人はよほどの大バカ者ぐらいだと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ