社会のカナリア 一歩前進 二歩後退

日々 思うこと 考えること 感じること

 
加齢とともにガンコになってきたと(泣)いわれてます。ここに書くことはそんなオッサンの妄想も混じっています、間違ってても、ひろ〜い心で笑って、許してください。

カレンダー

2020年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:massy
まみこさま

公務員のなかには真面目な方がいることも知っています。わたしにも国家から市区町村役場公務員までたくさんの同級生がいます。

ただ、同級生だから敢えて言いませんが、わたしにような民間の自営業から見ると上記の日記のように感じてしまう言動が度々です。

ご指摘のクレイマーのような「顧客」がいることもよくわかりますが、それは窓口の一個人が対応すべきではなく、弁護士や警察による法律的な対応・処理を含めた対応をすべきだと思います。

そのような仕組みを作ることを放棄し、それが原因で病気になるとすれば管理者の責任が発生する事案ではないでしょうか。

個人個人が優秀でも組織になるとダメになる、というのは日本の官僚機構の象徴的な特徴です。
投稿者:まみこ
はじめまして。市役所職員を友人に持つ者です。
窓口や電話で横柄な態度をとる市民が多いようで、
彼らの話をきいていると、心底気の毒になってきます…

保険の制度をどれだけ丁寧に繰り返し説明しても
どうにもならない数百円のことでしつこくゴネたり、

謂れのないことで1時間なじられた挙句に
「君の応対は心がこもってないから担当を変われ」と言い放たれたり…

公務員は公僕、という意識が未だに残っているのでしょうか、
まるで窓口にストレス発散しにきているみたいだと思いました。
日々、対応に苦慮しつつ、彼らは何とかやっているようです。

公務員でそんなにストレスのある仕事をしている人もいます、
ということをお伝えしたく、コメントさせていただきました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ