社会のカナリア 一歩前進 二歩後退

日々 思うこと 考えること 感じること

 
加齢とともにガンコになってきたと(泣)いわれてます。ここに書くことはそんなオッサンの妄想も混じっています、間違ってても、ひろ〜い心で笑って、許してください。

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:massy
>another viewさま
 実は、当事者への批判ではないのですよ。不倫をして望まない子供ができた、本人は自覚しつつも検診もうけずそのまま放置した、そして深夜、スーパーで具合が悪くなって倒れ救急車を呼ぶ、そのときに「妊娠しているかもしれない」と告げる。

 この一連の流れを見ると、子供を助けたければ、それまでに自分でできることがいくらでもあっただろう、と思うのです。

 そのような危険な出産を混雑していても責任をもって受け入れる施設などありません。

 それでもシステムとして必要だといえば、そうかもしれませんが、わたしはそうは思いません。
投稿者:another view
すみません。面積→免責
投稿者:another view
 貴方の検閲には通らないでしょうけれども、医療システムの問題を患者の道徳的・倫理的問題にすり替えていることや「想像」を根拠に議論している点は、たぶん当事者への批判としては成り立っても、病院の面積の根拠にはならず、論評としての価値を無くしているように思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ