jun2のフィギュア作製日記

最近はAKBグループ関連が主になっています(汗)

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jun2
弧流人さん

携帯性の良い38口径のスナブノーズか、威力のあるマグナムか、色々と考えられそうですね。
投稿者:弧流人
こっちでも調べてみましたが、パイソン・ローマン・トルーパーあたりが使用されていたようです。って全部コルト社製やん(笑)

そういえばどこかの雑誌でローマンのグリップが覗いていたM7ショルダーを下げた兵隊の写真を見たことがあります。何インチだったんだろう?
私物持ちこみでしょうから、以外な線狙ってもいいかもしれません。手持ちの資料ではパイソンも持っていたというのですが…

http://saa1911colt.web.infoseek.co.jp/
投稿者:jun2
弧流人さん

リヴォルバーも良いですね。
ローカル・メイドのホルスターに入れているのもかっこいいです。38口径も良し、マグナムも良し、色々想像出来ます。
資料となる写真を捜してみます。
投稿者:jun2
shimaさん

ブルース・ウィリスです。サイバー・ホビーのTears of The Sunをイメージした2体セットの一つです。
良く出来たヘッドと思います。
投稿者:弧流人
時代考証さえ間違っていなければ、彼らの装備は何をやっても許されますので(笑)
大胆に行きましょう!
玄人っぽくリヴォルバー装備させるも良し!
ライフルは…後期ファティーグならM177E1とかもいいですね。
亜熱帯を意識して、肘の手前まで(間接は隠しましょう)の袖まくりは当然として、そのまくった袖の自然な表現の追求というのも面白そう♪
でもまずは綿装備の確保から始めた方が良さそうですね。GBでも派遣当初と最盛期の装備のアレンジはかなり違いますが、まず派遣当時の風景を再現してみては?

http://saa1911colt.web.infoseek.co.jp/
投稿者:shima
ヘッドは、ブルース・ウィリスですね。
凄いリアルです。

グリーン・ベレーが良く似合っていますよ〜。

http://angel.ap.teacup.com/shima/

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ