Kainoa Blog

ミュージシャン社長 鴻池薫の日々を綴る公式ブログ  
Powered by Kohnoike Productions  All Rights Reserved. @2006〜2019

 
ようこそカイノア・ブログへ!! 【2017年鴻池薫公式画像 2017年1月27日撮影スタジオ:REMIX】

鴻池家 家紋 

震災復興支援を続行しよう!!

日本ブルーリボンの会

1日も早い拉致問題の全面解決を願い、無言の意思表示としてつけているブルーリボンやブルーリボンバッジ。もっともっと多くの人々に、救出そして救国のシンボル、ブルーリボンやブルーリボンバッジをつけていただきたい! 皆さまの「ブルーリボン運動」への結集を熱望します! 代表 大矢卓志

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

鴻池薫Profile

日本を代表するハワイアン・ミュージシャンであり、ブルースロックギタリスト。
第4回、9回、10回ハワイ・ミュージック・アワード「インターナショナル・ハワイアン・アルバム賞」受賞。
カイノア・ミュージック・アカデミーを主宰し、東京を中心にカルチャー・スクール等でレッスン活動を展開。生徒数は300人を超える。
2005年自主レーベル SPIRIT OF J LABEL を立ち上げる。
2017年3月からFMブルー湘南(78.5MHz)毎週金曜日深夜20:00〜20:30「鴻池薫とアネラのフライデーナイト・ハワイアン」のパーソナリテイをつとめている。
出身地:東京 星座:獅子座
  血液型AB 愛国の音楽家。
  好きなもの:武士道、大和魂、猫、読書、
プロ野球、1965〜1974年のROCK

Ranking 参加中!

Withブログランキング

掲示板

Visit 鴻池薫 On Line






メッセージBOX

記事カテゴリ

過去ログ

QRコード

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kaorukohnoike
貝間さん、yuzuさん、横浜ジョーさん、どうも!数日風邪ひいていてブログお休みしていました。
皆さん、「新譜ジャーナル」やっぱり知っていましたね!
貝間さんの「別れのサンバ」の話、ほんと泣けてきますね〜。時期同じくして日本中で同じような事があったんじゃないでしょうか?
でも共通して言える事は「これは難しい!!」
yuzuさん、加藤和彦の初ソロLP持っていたとはすごい。ポップでニューロックの影響があって、他のフォーク系とはあきらかに違ってましたよね。
「ユエの流れ」は僕も好きです。
横浜ジョーさんの高校文化祭の曲、僕達より後の状況がわかって楽しいです。
ミカバンドとOZか〜。

日本の女性ボーカルの草分けは麻生レミ。
麻生レミと浅川マキ!!そしてカルメンマキ。
皆さん、知ってますか?

投稿者:横浜ジョー
楽しいやら、懐かしいやら♪
ビンボーだったので、音楽雑誌は買ったことがありませんでした。(いつも立ち読みしてました)。高校の学園祭で、
@タイムマシンにお願い(ミカバンド)
A私は風(マキ&OZ)
B崩壊の前日(マキ&OZ)
をやりました。僕はベース担当になったのですが、ベースもってなかったので友人に借りて演奏したんです。崩壊の前日のベースがかっこよくて自分から「俺、ベース」と手を上げたんです。ボーカルは、他校の友人(本当は生徒以外出場禁止だったのです)に頼んだんですが、この娘が歌が上手くって。体育館と教室で2ステージやったんですが、大盛り上がり。
加藤和彦さん、マキさん、ほんとなつかしいですね。
投稿者:yuzu
実は最初に買ったのは、モンキーズで次がフォークルでした。
「今日の空〜」名曲ですよね。加藤和彦の初ソロLP すりきれるほど聴きました。
「ななめ模様に落ちてくる〜」とか懐かしい。
フォークルでは、「ユエの流れ」が好きでした。
投稿者:貝間 奈平
家にも「新譜J」2冊残っていました。1968年12月号と1969年9月号。12月号は通巻4号で「年上の女」なんて歌謡曲が多く、9月号は発行1周年記念BEATLESの新曲特集で“Don’t Let Me Down”“I’m So Tired”と「別れのサンバ」もあって、その頁の隅に難しいコードのポジションが手書きされていましたが、やっぱり弾けなかったんだろうな!でも同じ頃、先生と同じ曲に苦戦していた(フォーク少年とフォーク青年?)と思うと泣けてきそうです。
投稿者:kaorukohnoike
yuzuさん、おおがさん、どうも!
yuzuさん:
新譜ジャーナルの「フォークル」特集持ってますよ!「ザ・フォーククルセーダースのすべて」昭和45年11月発行 別冊No.4 となっています。「イムジン河」の当時の貴重な譜面が掲載されてますね。(発売禁止になっちゃた曲)「青年は荒野をめざす」とか「悲しくてやりきれない」当時あまり知られなかったけど僕が好きな加藤和彦のシングル曲「日本の幸福」の譜面も入ってます。これは持っていたら超レアものですぞ!!
(定価なんと250円・・・)
カルメンマキがアピスとジョイントしたのは確か80年代前期でしたね。

おおがさん:
昔の音楽雑誌って今読むとすごく面白い。ギターマガジンは創刊号以来、全部持ってますよ。プレイヤーも昔はすご〜くページ数が少ない雑誌でした。たしか発刊当初のもの持っていると思いますよ。
今はまるまる太ってるね〜。
「天国への階段」、今僕の所に習いに来てる20代の青年が練習中だよ。
投稿者:おおが
新ホームページおめでとうございます。流石に格好良いですね!
う〜ん。なんて渋い内容なんでしょうか。ボブディランに民族音楽ですか。昔の雑誌は何でもごった煮で良いですね。最近の60年代・70年代を扱うロック雑誌は充実して素晴らしいですが、昔の記事は今でこそ味があって面白そうですね。私の最初に買ったのは何だったろう?多分ギターマガジンかPLAYERか・・?もう捨ててしまってありませんが。。ちなみに最初に練習した曲は天国への階段のイントロです。もうそれで満足でした!
投稿者:yuzu
「新譜ジャーナル」に反応してコメントしましす。
「フォークル」特集の臨時増刊?は、まだ実家にありそうです。
カルメンマキは、時代は飛びますが、後年ライブで観てアピス(BBAのA)との競演LP持ってます。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ