アイシテンダネ!〜やったね!春だね!!〜

PUNK.POWERPOPがとことん好きなかおち君がありったけの愛を込めて「アイシテンダネ!」と叫んだあの日、ぼくはアロワナ記念日と名付けたよ!

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:KAOTIK FLOWERS
necoと申しますさん

放置プレイしてしまいました、失礼!

山下達郎、加山雄三、鈴木慶一、とこれまたすごい名前が並んでいますが、生で観られたのでしょうか?

カーナビーツや、ジャパンGSはかじっただけの自分ですが、友人に詳しいひとがいるので、彼にいろいろ聴かせてもらってみます!

チューリップの情報もサンクス!チェックします。

PYGは、帰ってきたウルトラマンで「花・太陽・雨」を聴いて衝撃をうけましたが、そこから先は進んでいません。

モップスもすげーのは知っていますが、なぜか所持していない。

70年代初期のニューロック、とゆわれる時期のジャパン音楽も深そうだねぇぇぇ!

ヘドラの唄好きなんだけど、盤化されているのかな。

http://6706.teacup.com/kaotic/bbs
投稿者:necoと申します
加山雄三が山下達郎と演奏してるのは10年位前に見ましたよ。
山下氏はドラム、若大将はギターでしたが。
その頃は何もわからない自分でした。
一緒だったか忘れたけど、鈴木慶一氏はそこに居るだけですごい物見た気になりましたよ。

チューリップは4月頭にBSでラストライヴを放送しますね。
こないだ国営放送の特集見て、初めて「聴きたい!」ってなりましたよ。

カーナビーツは変態で好きですね。
ファズが変態で、歌詞が変態で、メロディが変態。もちろんいい意味で。

あと、PYGも聴きたくなって来てます。
投稿者:kaotic Equalizing Distort
ナカジマさん

そりゃそりゃ羨ましい限りですな〜!

チューリップはおれ大好きで、レコードではピンと来ない曲も、爆音の生音で聴けば印象変わるかもですね!

疑似体験するために今度、ディストージョンかけてチューリップのレコード聴いてみよっと。
投稿者:ナカジマ
あの世代のひとの今のステージ

バイトでよく見ますが、そりゃそりゃ楽しいですよ。
特に印象的だったのが、年代は違いますがチューリップのベースの音が思い切りハードコアだったことです。

加山雄三と布施明のステージはまさに秀逸、圧巻であります。
投稿者:kaotic modern guys
necoと申しますさん

ジパング60ズには疎いぼくですが、カーナビーツよいですね!
チュッチュッチュていうやつ好きです。

清水さんはそんな絡みもあるんですね〜。勉強になりました。

モガって言葉出てくるのもなかなか年季の入ったマダムさんすな。

いつか、テレビで加山雄三とワイルドワンズのステージ観ましたが、本物でした。

あの世代のひとの今のステージもなめられませんね。
投稿者:necoと申します
清水さんのお話が出てきたので、うっかり書き込みます。

最近はタイガースとカーナビーツばっかり聞いているんですが、
タイガースの森本タロー氏が現在やっている「森本タローとスーパースター」のベースが清水さんです。
スーパースターのライヴでもよくビートルズのナンバーと演奏しています。
モッズルック〜の話なんかいいですね。
スーパースターのライヴに古いワンピースでブーツとかで行くと、GSリアルタイム世代のおば様方に「あら〜、モガみたいね」って言われましたよ。
投稿者:KAOTIC KICKS
梵くん

注:モッズルック、は69年に結成されたバッドボーイズの清水さんが、同行したD5くんのいでたちを見て発した「それってモッズルックって言うんだよ、知ってる?」というぼくらにとって衝撃的なひとコマでした。

あれからおれたちの中で流行ったね(笑)

あの時は時間がなくてあまり話せなかったけれど、またA.B.C.の面々とお話する機会があれば、他にも楽しい話、聞ければよいね。

おれはオリジナル曲聴いて、CD欲しくなったよ。
投稿者:
モッズルックこんにちは!!
どうもVONです。
kaotic氏と初めて会った日、A2Zの部屋で一発目に聴かせてもらった「あの娘の胸に途中下車」の衝撃が忘れられないです。
それから早数年、まさか本人達の楽屋裏へ途中下車できるなんて、なんて、なんて、、、
僕も生きてて良かったと心から思えました。
大袈裟でなく、灰色の人生だけど生き甲斐が出来た気分です。

kaotic氏には心からお礼を言いたい。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ