忘れられぬテリトリー

 

2018年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

家族紹介

コゲ
1999年02月22日(推定)
18歳 ♂
当ブログの主人公
元他所猫&外猫
2017年06月02日永眠
紅茶
2006年12月12日(推定)
11歳 ♀
ウチの庭で保護した猫
懐かない家庭内野良猫
みるく
2007年04月18日
11歳 ♀
生後3日で母(母ちゃん)
子(縞&三毛)共々保護し
家族になった猫
こむぎ
2001年09月27日(推定)
永遠の5歳 ♀
怪我をしてるのを
コゲが連れ帰った猫
2007年01月18日
エイズにより永眠
オッサン&嫁さん

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

オッサン参加リンク

PVアクセスランキング にほんブログ村

お便りはコチラ

自由帳

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:のり
■しんごのママさんへ
 
はい、こんにちは。
 
ご友人に伝え下さい。
泣いても構いませんが、どうか御自身を責めないで下さい。と。
きっと(猫だけに限りませんが)沢山の猫に関わってきた方でも、全てを救う事は出来ない筈です。
獣医さんにだって救えない時はあります。
生きる為に人に近い場所で生きていますが、
野良猫と呼ばれますが本来は野生なのです。
野生は過酷だと思います。
敵も居ます。
更に虐待する人も居ます。
人より短い命なのに…。
 

あのまま放置してたら、きっともっと短い命だったと思います。
ひょっとしたら母猫もそのまま衰弱してたかも知れません。
ご友人にとっては納得出来ず受け入れられないかも知れませんが、たとえ僅かな時間だったとしても、
ご飯の心配もせず、外敵に怯える事無く、雨の心配もせず、寒さもしのげたのです。
何も悪くないです。出来る事をしたんです。
初めての事をしたんです。
至らない事があったとしても、それは仕方のない事です。
きっとその子は持ってる全てを燃やし尽くしたと思うのです。
 
そんな事を言っていますが、保護を勧めたのは私です。
ご友人にお辛い経験をさせてしまって、凄く申し訳なく思っています。
「ごめんなさい」
 
母猫の事は。
そうですね。検査と手術は必要だと思います。
ただ、責を感じて引き取る事はしなくて良いと思うのです。
先住猫優先で、しわ寄せが出ない事が一番だと思います。
母猫がご友人にかなり懐いていたら引き取っても良いと思いますが…。
まぁ、これも個々で意見が割れる事なので、
ご友人にとって最良の選択をされる事を望みます。
投稿者:しんごのママ
今日は!
のりさんのお宅のお庭には猫ちゃんたちの出入りがかなりあるんですね。
マロ君はおチビちゃんの
兄妹なんですね。
お母さんが同じ猫ちゃんなのかな?

大変残念なお知らせです。
友達の保護した親子猫のたった1匹残っていた
子猫が昨日夕方亡くなりました。
母猫は母乳が出ていなかったようで、哺乳瓶で
ミルクを飲ませようとしましたが、哺乳瓶から
吸うことができず、スポイトで少しずつ舐めさせていたようです。
亡くなったときの体重は100gでした。
多分全然大きくならなかったようです。
母猫はご飯を食べていたようなのですけどね。
子猫は全く大きくならず、段々衰弱して動かなくなったようです。
何がいけなかったのかな・・と友達はショックを受けて、昨日は電話で泣いていました。
これから先母猫をどうしたらよいのかな・・と
悩んでいます。
どこかで医者に連れて行き、健康診断と避妊手術はしようと言っていました。
病気がなければ、引き取ってもいいとも思っているようです。
すでに先住猫4匹がいるので、その折り合いもあるかとも思うのですが・・
本当にこんな結果になり、残念です。
のりさんにはたくさんアドバイスいただき、ありがとうございます。
この先母猫の先行きなど、またご相談させてもらうかもしれません。
よろしくお願いいたします。


http://blog.goo.ne.jp/niko1957
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ