忘れられぬテリトリー

 

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

家族紹介

コゲ
1999年02月22日(推定)
18歳 ♂
当ブログの主人公
元他所猫&外猫
2017年06月02日永眠
紅茶
2006年12月12日(推定)
11歳 ♀
ウチの庭で保護した猫
懐かない家庭内野良猫
みるく
2007年04月18日
11歳 ♀
生後3日で母(母ちゃん)
子(縞&三毛)共々保護し
家族になった猫
こむぎ
2001年09月27日(推定)
永遠の5歳 ♀
怪我をしてるのを
コゲが連れ帰った猫
2007年01月18日
エイズにより永眠
オッサン&嫁さん

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

オッサン参加リンク

PVアクセスランキング にほんブログ村

お便りはコチラ

自由帳

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:のり
■ストーンさんへ

初めまして。そしてコメント有難うございます。

すずは今のところ食事もおトイレも再開して少し安心しています。

どうなんでしょう?
猫にとっての幸せって、まだまだ解らない私です。
確かに人の庇護の元に居ると、交通事故や虐待に遇うこともないですし、感染症の危険性も抑えられますが…。
元々は野生ですから、本来は人が関与するべきではないのかなぁ。なんて考えたりもします。
野生が染み着く前やペットショップや譲渡会での出逢いは別だとは思いますが、
どちらが幸せかは自身が猫にならない限りは答えが出ない気がします。
(あぁ、面倒くさい性格だなぁ。と、自分でツッコミ入れときますね。)

お節介と云うか、放っておけない性分なだけで、
手の届く範囲で出来る事しか出来てませんよ。
全国的に保護活動が完遂すると、もう自由猫(野良猫)の姿を外で見れなくなるのも悲しいんですけどね。
何時も葛藤したり後悔して動いてるので、褒められると嬉しいですが、「私、いい事してる!」なんて微塵も思えないのです。

学生の頃は獣医を目指していましたから、動物達は種を問わず好きなんです。
コゲと出逢ってから猫メインになっちゃいましたが(^-^;

仔猫達の里親さん。 頑張って捜しますよっ!
早く猫風邪完治さしてワクチン摂取しないと。ですね。
投稿者:ストーン
のりさん 初めてコメントします。

すずちゃん 無事に手術が済んで良かったですね。

のりさんご夫婦と出会えたキジちゃん 斑くん そして黒虎ちゃん、とても幸せなねこさんですね。のりさん宅のお庭が1番安心安全な場所だと認識し、のりさんご夫婦を信頼しきるのも、そう遠くないと思います。

仔猫さん達にも素晴らしい里親さんがみつかりますように。

のりさんご夫婦の優しさと勇気に、私はパワーをいただいております。ありがとうございます。

のりさんご夫婦は立派な猫ボランティアさんだと思います❗

なんだかまとまりのないコメントでごめんなさい。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ