2006/7/27

貨幣経済  主張

 お金の存在が、時として人間関係を希薄にしているなあと、今日ふと考えました。

 人間社会は協力し合って生きていこうという場です。それぞれに役割があって、それぞれがそれを果たす事で、社会は機能します。だから大工でもない人が家に住めるし、農業をしていない人が野菜やお米を食べられます。
 今の人間社会は複雑になって、役割もより細分化されるようになりました。お金の誕生によって、物やサービスはより効率的に流通するようになりました。物々交換で手に入れていた物が、お金で手に入るのですから、これは便利です。

 しかし物々交換の時代と比べて、今の貨幣経済の時代では、他人の有り難味が感じ難くなっているのではないかと思います。勿論私はお金のない時代で暮らした経験はないので、推測でしかありません。けれど「うちで採れた野菜だよ。お前さんの作ったその着物と交換しないかい?」とやっている時代と比較したら、貨幣経済は何とも味気ないと想像してしまいます。
 自分の労働はまずはお金に変わるので、働く方もつい「お金のために働いている」と感じてしまうのではないでしょうか。そしてその労働の恩恵を受ける側も、「相手はお金のために働いているのだから」という意識が働き、感謝する気持ちが薄れていってはいないでしょうか?

 お金はエネルギーです。お金には絶えず、誰かが何かを頑張ったエネルギーが込められています。お金を得るという私欲のために人間は働くのではなく、社会の中でその役割を果たした対価として、他人の労働というエネルギーを受け取る権利を獲得するのです。
 それぞれが役割を果たしている結果としてお金が流通するのですが、お金があまりに便利過ぎて、人間と人間との繋がりがボヤけてはいないだろうかと、ふとこう考えたのです。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ