2009/7/23

激痛で警告  健康関連

 昨夜2時30分、左下腹部の痛みで目覚めました。前も後ろも横も、左側の肋骨下から骨盤の間、そのブロック全てに激痛が走ります。身をよじっても、立っても座っても楽な姿勢はありません。あまりの痛みに、20分位はのたうち回っていました。

 さすがに耐え切れず、赤ん坊と一緒に寝ている妻に助けを求めました。いつも患者さんに行っている、潜在意識との交流の技術を使い、その正体と改善方法を明らかにします。施術として行う点は、チャクラの1番〜6番。続いて、仙骨と頭蓋底への施術です。
 妻にポイントを指示をして、チャクラをやってもらうと、10秒位で少し楽になってきました。5分くらいをかけて、じっくりと更に良くなっていきます。仙骨と頭蓋底への施術を終えた頃には、激痛はほぼ0まで改善されました。全身に血流が回復し、冷え切っていた患部も温まり、硬直が解けています。

 潜在意識との交流を進め、激痛の背景を更に探っていくと、こんな事が明らかになりました。寝ている間に身体が冷え、血流が悪化。冷えている状況では、身体の自然治癒力は制限され、自力で回復ができません。この状況はまずいと判断した身体(潜在意識)は、苦肉の策として、激痛を与えるという手段で警告を発したのでした。

 今回のケースは、対処できる技術と方法を持っている事が、前提での現象かもしれません。しかし一般的にも、症状や病気の中には、本人に何かを気付かせようとする、警告の意味が強いものもあります。潜在下での調整では限界がある時に、表面上の顕在意識でも対処するよう、助けと協力を求めるのです。

 夏の布団は薄く、寝ている間に身体から外れてしまいます。冷え取り靴下は常に10枚履きですが、これからは腹巻も必需品です。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ