2010/3/9

認知療法  健康関連

 精神疾患の治療法として、認知療法は注目されています。認知療法を辞書で引くと、

【出来事に対して自動的にもつ誤った考えや認知の歪みを修正することによって、感情や行動の変容を図る心理療法。】

 とあります。例えば仕事でミスをした時に、「俺の人生はもう破滅だ……」と落ち込んでしまったとします。実際には仮に会社をクビになった所で、やり直しは出来ます。ところがその人にとっては、人生全体が破滅的な状態に陥ってしまっています。こうした客観的な現実と主観的な認知とのズレを修正し、不必要な落ち込みや不安に陥らないよう、思考や認識を合理的に整理します。
 人間の狂気とは、常に非合理性です。もしテーブルと電球の区別がつかない人がいたら、誰でもその人はオカシイと感じます。確認もせずに、自分は嫌われていると決め付けるのも、同様に非合理性です。一般的にはよく、「考え方のクセ」といった表現をします。非合理なクセが多い程、それが現実離れする程、考え方のクセは重傷と言えます。認知療法はそれを合理的に整え、考え方のクセを治そうとします。

 近年、脚光を浴びている認知療法ですが、何も特別に目新しい物ではありません。それと似たような事は、おそらく人類が誕生して言葉でコミュニケーションを取り始めた頃から、日常的に繰り返されています。貴方も一度は「考え過ぎだよ」「もっと前向きに考えなよ」といった、慰めの言葉をかけた経験があると思います。これは非合理に流れた人に、合理的な認知から助言をしています。

 ただ認知療法にも限界があり、重症な患者には効果が期待できないという弱点があります。これは理性に働き掛ける方法なので、理性と狂気とのバランスで、理性の勢力が強くなければなりません。あくまでも理性が強く働く、軽度の方に向けた方法と言えます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ