2010/3/25

何を食べていないかを報道すべき  健康関連

 長寿の方や、長寿の地域を紹介するテレビ番組は、たびたび目に留まります。その時に必ず触れられるのが、普段の食生活です。そして特定の何かに注目して、「これが、長生きの秘訣!」と大々的に取り上げています。

 僕は現代人の健康は、まず引き算から入るべきだと普段から主張しています。貧しく栄養状態の悪い立ち位置であれば、精の付く物を食べる事が、理に適った取り組みです。しかし現代の飽食の時代であれば、栄養不足での健康被害は、さほど高いリスクとは言えません。それよりも食べ過ぎや、肉、白砂糖、化学調味料、添加物などの過剰摂取を問題にすべきです。
 つまり何を食べているかではなく、何を食べていないかという視点にこそ、本当の意味での価値ある情報が隠されているはずです。

 テレビ局はスポンサーの不利益になる情報は、積極的には流せません。ですが視聴者の方で、メニューを見てみて、何を食べていないかに着目するのは自由です。そんな風に少し視点を変えると、同じ番組でも価値が高まるかと思います。




一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ