2010/5/27

繋がれた心臓  健康関連

 今回は特殊な珍しい例から、バランスを取ろうとする人間の身体の凄さをお話します。
 双子の中には、身体と身体が繋がって産まれてくる子達もいます。身体の一部がくっついて生きている姿は、衝撃的なものです。少し前の話ですが、胸と胸とが癒着している子達を、テレビで観る機会がありました。正面から抱き合うような形になっています。

 心臓は二つあるのですが、それが片方の胸の中に収まっている形になっていました。分離させる手術を行っていると、普通の身体には存在しない神経を発見します。二つの心臓が、一本の細い神経で繋がれているのです。心臓はまったく狂いもなく、同じリズムで鼓動しています。
 何とこの神経を切断すると、心臓がバラバラに動き出したのです!

 これには正直、驚きました。身体が癒着している状態では、心臓を同時に動かす必要性があったのでしょう。確かにバラバラに動かれては、周囲の組織にとってかなりの負担になるかもしれません。
 身体は与えられた状況の中で、生きるために最善の選択をしようとします。神経で心臓と心臓を繋ぎ、同じリズムで動かすアイデアを生み出したのです。

 人間の身体は、こうまでして、より良く生きようと懸命に頑張るのです。もはや本能という簡単な表現では、説明がつきません。潜在意識は明らかに、高度なレベルで思考しています。
 良くなろうとする力、その可能性の広さを、改めて見せつけられたエピソードでした。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ