2010/5/28

意見はいらない  主張

 先日お伝えした池上彰さんの本を読んで、ちょっとした感銘を受けたところがあります。

 池上彰さんは、今や売れっ子タレントです。その武器は、とにかく判り易い説明能力。池上さんは、自分は意見を述べるのは向かない。説明をする方に適正があると考えたそうです。
 僕はそこで、気が付きました。テレビで池上さんが社会情勢について説明をすると、ゲストの人達から様々な感想や追加質問が飛び出し、自然と皆の意見もまとまります。池上さんが自分の意見(価値観)を述べなくても、人の考えや意見を動かしています。
 少し考えてみれば、これも当然のことです。同じ人間なのですから、そんなに違う価値観や感性は持っていません。末端の枝葉では分かれていきますが、根っこの部分では同じです。誰だって戦争より平和が良いし、喧嘩しているよりも仲が良い方が良いし、貧困よりも豊かな方が良いに決まっています。
 きちんと説明することが出来るなら、多くの場合、そこに自分の意見を発表する必要はないんです。情報を共有して、理解の度合いも同じレベルに達すれば、もう十分です。根本的な部分では、人の意見は、そうそう分かれたりしません。

 自分の意見を直ぐに述べてしまう姿勢は、もしかしたら、判り易く説明することへの怠慢かもしれません。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ