2007/1/18

恒常性という観点から  療法関連

こうじょう-せい ―じやう― 0 【恒常性】

〔homeostasis〕生体がさまざまな環境の変化に対応して、内部状態を一定に保って生存を維持する現象。また、その状態。血液の性状の一定性や体温調節などがその例。動物では主に神経やホルモンによって行われる。ホメオスタシス。

 と、あります。


 健康を慢性的に損なっているような状況では、この恒常性も損なわれていると見る事が出来ます。
 人間の身体は様々な環境の変化に対応し、健康状態を維持しようと働きます。呼吸で酸素を摂取する。食事をする。そこにはエネルギーとなる物の他に、不要なものであったり有害であったりする部分が、必ず混ざっています。これを排出して身体を守る働きが、例えば恒常性なのです。

 しかし現代社会においては、環境問題や添加物によって食品は汚染され、大気には排気ガスなどの有害物質が含まれ、その他科学洗剤や電磁波など、心身を蝕む物には事欠きません。都会暮らしをしていれば特に、嫌でも毒素を身体に溜め込む生活になります。
 人体の自然治癒力。恒常性をもってしても、毒素の蓄積に対して排出が間に合わない状況が、今ここにあります。

 具合が悪くなったり、病気になる。この多くが実は、体内に蓄積された有害物質を排出するための手段になっています。けれども日本では西洋医学の権威が強く、これを身体の故障として捉え、症状を薬で止めにかかります。結果として恒常性が阻害される形になり、潜在的には健康問題が深刻化していきます。
 
 健康になりたくても、恒常性が低いレベルでしか機能しない。処理し切れない程の有害物質が入ってくる。ストレスや冷えによって、機能が妨げられる。苦肉の策として症状や病気を用いても、薬で止められてしまう。これではいけません。

 恒常性を高いレベルで機能させる。この取り組みが、心身の健康を考えた時に、根本的な部分でのテーマになります。人間の心と身体は常により健康な状態になろうとしています。何でも良いので正しい取り組みを行いさえすれば、必ずそれに応えます。
 優れた療法を用いるのは、勿論有効な手段です。けれども日常生活自体において、恒常性が常に高いレベルで機能し続けている事が、心身の健康のためには必須となります。

 私は治療活動において、常にこの事を知らせ続けています。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
4
タグ: 治療 気功 整体



2013/9/13  3:13

投稿者:バーバリーブラックレーベル

お世話になります。とても良い記事ですね。

http://www.thbsf.com/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ