2010/8/24

仕事はお金を奪い取るゲームではない  主張

 本日、資格を持ったマッサージ師の方がお見えになりました。そこで考えたこと、気付いたこと、そして皆さんに理解して頂きたいことを書きます。

 この患者さんは、電話でのご予約の際、何をするのかを決めませんでした。一義流気功には教室でのメニューなども含めると、幾つかの提供できるサービスがあります。
 お話をお伺いしますと、気功にご興味があり、その世界を知りたいというお気持ちが強いようでした。そこで僕は500円の体験気功をお勧めしました。
 ここで一つ正直に申し上げますと、もっと高額のサービスに誘導しようと思えば、おそらく出来たと思います。けれどその方が必要としているもの、求めているものをお聞きした時に、体験気功が最善の選択だと思ったのです。
 仕事というのは、お金を多く支払わせるゲームではありません。相手の人生の役に立った時に、その対価として頂くものです。そして僕は大切なお金を使って、他の人が提供するサービスを受けられます。

 この患者さんが帰られる時に、「本当に500円で良いんですか?」と申し訳なさそうにしていました。
 体験というのは、「500円分のサービスをします」という意味ではありません。本当にそれが500円の価値しかないようなものなら、何のための体験なのでしょうか。本格治療は一時間8500円と、それなりに高額です。そのお金を出さなければ垣間見えない世界を、最初の人は特別に安く、知って頂こうと作ったシステムです。ですから僕は、体験だからといって、500円分の質に落としたことはありません。
 もちろん本格治療に進んで欲しいという気持ちはあります。これは自分のためではなく、相手のために思うことです。過去には本格治療が必要ではない人に向けて、それを正直に伝えた経験もあります。けれどここで誤解して欲しくないのは、常に安いサービスが良いと言っている訳ではありません。相手のために最善の提案が、13000円の90分のコースになる時もあります。
 人間はどこかで、自分が得をすることを中心にして考えてしまいます。体験のような形で無料であったり、安くサービスを提供するシステムは、多く存在します。そして本格的なコースであったり、商品を購入する段階で、それを断るケースだってあります。理由は様々です。サービスに価値を感じなかったのかもしれません。金銭面で余裕がないのかもしれません。他に比較するものがあって、もう少し見比べたいのかもしれません。
 本格的なサービス、高額の商品を購入しないという段階で、売り手の人間性と姿勢が問われます。露骨に嫌な顔をされたり、脅かされたり、接し方が冷たくなったり、後味の悪い体験をされた方も多いと思います。
 こんな態度になってしまうのは、どこかで仕事の本質を見失っているからです。お金を多く支払わせるゲームになってしまっていて、自分の都合で動いているのです。
 これは綺麗事の理想論ではありません。仕事の本質を考えれば、当然、導き出される結論です。
 お金を払って何かを買おうとする人は、誰だって、余計にお金を奪われるゲームに参加なんかしたくありません。本当に自分のためを思って、サービスを提案してくれる人から買いたいと願っています。つまり相手のために最善の提案をするというのは、売り手にとっても最も強力な武器になり得るのです。
 もし何かを誤魔化して、お金を支払わせるゲームをしてしまっている人がいたら、考え直してみてください。仕事に誇りを持てるというのは、人生にとって素晴らしいことです。そして誇りは、お客さんの利益のために働いた結果でしか、得られません。

 僕には2歳になる、双子の女の子がいます。今は避暑で山梨の実家にいますが、思い出すと、仕事中でも顔がニヤけてしまいます。この仕事についての考え方は、しっかりと教えて伝えていきたいですね。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ