2010/9/27

久しぶりに家族に会えた!  日常

 土曜日に、山梨の実家に戻っている妻と子ども達に会いにいきました。久しぶりに会えて、とても嬉しかったです。
 身体の調子も、大きく取り戻せました。これには実は、特殊な理由があります。

 僕の身体は、妻がいる事が前提で成り立っています。
 最初に出合った頃、僕の身体は隙間だらけの歪な状態が、一気に埋まって完全な姿になりました。これは気や精神体といったレベルの話です。
 そして僕は、その時、こう思ったのでした。

「今までの僕には、この人が足りなかったのか……」

 僕が僕でいられるのは、妻の存在が大きいのです。
 そして長い間、一緒にいない時間があると、僕は次第に不完全な姿になっていくようです。何となく、身体がしっくりと来ない感覚になります。
 僕はなぜか生まれながら、妻が一緒にいてくれる事で、完全な姿になるように設計されたいたようです。最初から相手が決まっていたようです。

 ただこの話は、一般の多くの人達にも当て嵌まります。
 男女が魅かれあう潜在的な欲求が、完全な姿になりたい! というものなのです。もし個人がそれで満ち足りていたら、今ほど、男女が互いに求め合う姿もないでしょう。
 僕はそれを、より敏感に感じ取っているのかもしれません。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ