2010/9/29

痛い? ねんね?  日常

 今日、実家に帰っている妻から、子ども達の成長の話を聞きました。
 妻が朝早くから障子(しょうじ)張りをしていると、腰が辛くなってきました。「腰が痛い……」と言っている姿を見て、ひなちゃんが

「いたい? いたい? ねんね?」

 と声をかけてきたそうです。
 痛い時には、寝て休むというのを、どこかで覚えていたようです。
 そこで妻が、

「ありがとう、ひなちゃん。でも、ねんねはしないよ」

 と言うと、ひなちゃんは諦めません。虫さされのムヒを持ってきて、服をめくって腰と背中にたっぷりと塗ってくれたそうです。


 人間が生まれながらにして持っている優しさは、素晴らしいものです。その純粋な優しさに接すると、深く感動して、相手のことがますます、愛おしくなります。
 この優しさは僕にも、貴方にも備わっています。誰かが困っている、苦しんでいる、そんな時に手を差し伸べる気持ちを、全員が持っているのです。
 もし貴方が、その感情を何かの理由で表現していないなら、勿体ない話です。
 僕もこの純粋な優しさを表現できるようになって、他人の僕を見る目が変わってきました。自分の周りが、より友好的に変わります。同じ場所に住んでいるのに、世界が変わります。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
6



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ