2011/2/27

継続が命の「毒出し」  健康関連

 心身の毒を出していく作業は、一朝一夕で終わるものではありません。どちらかと言うと、気の長くなる地味な作業です。
 少なくとも数カ月単位で見ていき、深い毒を出そうと思えば、数年単位で見ていくべきものです。
 毒出し生活を始めたある人が、数年した時に出たゲップの匂いが、子どもの頃に飲んでいた薬と同じだったという話もあります。

 僕の身体はかなり毒出しが進んでいます。そして新しい毒を積極的に出し、溜めないように維持されています。
 ですから逆に、毒出し反応は強く出ます。油の悪いフライドポテトを食べた時は、一週間くらい足の親指に激痛が走っていました。また喫煙席に近い禁煙席で2時間程度を過ごした時には、3,4日の歯痛がありました。
 この入ってきた毒の程度と、出すのにかかる時間を見て頂くと、毒出しが実に地道な作業の継続であるとイメージできるかと思います。でも出すしかないんです。

 もしもまだスタートしていない方がいたら、是非、今日から毒出し生活に入ってください。毒を出して初めて解る、未知の領域の健康状態があります。
 毒出については、

http://www.ichigiryu.com/dokudashi.html

 どうぞ、こちらをご覧ください。「健康賢者」のメールマガジンでも触れています。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ