2011/7/29

毒の総量を数値化  療法関連

 心身がより良い状態を獲得していくために、多くの人が、「毒出し」のステップを踏まなければなりません。
 毒出しには、発熱、咳、ダルさ、湿疹、怒り、悲しみなどの症状を伴うケースがあります。所謂「好転反応」と呼ばれるものです。ダイナミックに毒を出せば出すほど、症状は強く出ます。

 この出すべき毒の総量を数値化しました。そして毒出し症状がキツクでる傾向は、350以上であると推定されます。もちろん傾向なので、ここから外れるケースもあります。
 この350という数値は、100を平均として見た場合にという事です。

 今後は毒の総量から見て、どの程度の毒出しが来るのかも推定できるようになってきます。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ