2011/9/11

異常反応が消えて、「階段が怖い」  療法関連



 本日いらした方で、非常に興味深い体験を聞くことが出来ました。元々は、

・頭がぼーっとする
・注意力がない
・現実感がなく、フアフワした感じ

 という状況でした。
 元々この方は、心のエラー、異常反応を39%も抱えていました。これは7〜8%が平均で、20%を超えると心身のどこかに日常で困るレベルの支障が出てくる傾向が強くなるものです。それが39%なので、相当、高い数字といます。

異常反応については、こちらをご参照ください。
http://www.ichigiryu.com/kokoro3.html

 数回の施術で、前回の段階で残り3%にまでなりました。
 そこで興味深いお話を頂いたのです。階段を下りる時に、今まで感じていなかった立体感があり、怖かったというのです。異常反応を39%も抱えたいた時には、世界の感じ方は平面で、あまり立体感がなかったそうです。

 異常反応を抱えると、何故、そんな風になってしまうのでしょうか。
 異常反応は精神エネルギーから分離して作られるものです。そして異常反応の悪影響を抑え込むために、更に精神エネルギーを使います。
 見たり聞いたり肌で感じたりという作業には、精神エネルギーが必要です。異常反応によって乏しくなってしまったエネルギーで活動しているために、それらが弱くなります。世界が立体感を失うというのは、その一つの表れです。

 この方は集中力の向上も自覚されています。人生の飛躍のために、秋には海外に渡航されます。
 是非、満足のいく人生を送って頂きたいと願っています。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ