2011/11/3

実現しないという思いを実現している  主張

 目標を持って行動をすることは、とても充実した楽しいものです。そのための前提になるものは、それが実現するという”思い”です。実現すると思っていないものは、いくらそれが素晴らしいものでも、行動には移せません。

 成功している人を見ると、必ず「実現する」という思いが強くあります。これは当然です。成功するからには、必ずそこには行動があったはずです。行動したからには、「実現する」という思いがあったはずです。
 ですからこの人は未来についても、同じようにこの思いを持っています。

 ところが、同じように出来ない人が大半です。何かというとネガティブで、「実現しっこないよ……」と思いがちです。こう思うと、本当にそれが実現します。何故なら、行動しないからです。
 行動すれば実現する、行動しなければ実現しない。これは当然ですね。簡単な理屈です。

 勿論、どう考えても実現しないことはあります。僕が今からプロ野球のドラフトにかかろうと思っていくら努力をしても、まず無理な話です。
 けれども一見、無理なような風に見えても、実現可能なものは多いものです。そこを考えるのか、考える前に思考を放棄してしまうのかで、道が真っ二つに分かれます。
 例えば僕が出版できたのも、それが実現すると思ったからです。しかも大手出版社の人に「これは売れない」と言われた企画です。それでも賛同してくれる人もいるはずだと思って、具体的な行動を起こしたからこそ、最終的に出版に至った訳です。

 もしもどこかで「実現しない」と思ってしまったら、今、その本はこの世にありません。まず最初は、ネタを思いついた時です。ここでネガティブだったら、「いや、自分には出版なんて無理だろう……」と思ってしまいます。次に大手出版社の編集者に「これは売れない」と断言された時です。ここで僕が「この人がそう言うなら、無理だろう」と思ってしまったら、やはりその思いが実現して、その本は誕生しません。

 実現の背景には、このように、必ず「実現する」という思いがあります。結果として実現できないものはあります。それも当然です。
 ですがその結論は、行動した後に下せば良いものです。少なくとも、考えたり調べたりした後に結論を下せば良いのです。

 長い目で人生を見ると、行動を起こして仮に実現しなかったとしても、何も行動を起こさないよりも遥かに有益です。
 もしかしたら、「実現しない」という思いを次々に実現し続けてきて、そこにあったはずのチャンスをみすみす逃しているかもしれません。しかもそれは、ほんの少しだけでも考えたり、行動すれば手に入ったかもしれません。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
14



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ