2008/3/27

先祖霊の祟りで病気になる について 所感  主張

 霊現象は守備範囲にしていないので、普段は触れません。またあまり意識もしていません。しかし患者さんの中で、これを霊能者や宗教関係者から言われて気にしている方もいます。この事について、お話をします。
 まず死後の世界があり、死者の霊も存在していると前提します。ない事の証明は出来ませんので、ないと言えば水掛け論になります。ですから先ずは”ある”から出発します。

 霊能者や宗教によって言う内容は異なりますが、共通しているのは、要は「先祖霊を供養しないと祟りがある」というのが主旨です。その祟りの一例に、病気があるわけです。そして何故そんな祟りを起こすのかと言うと、供養されない状態を怒ったり、供養を要求するアピールというのが、その動機になります。

 さてここで幾つか疑問があります。日本では先祖霊の供養が文化に根付いていますが、キリスト教圏など、その発想がない文化ではどうなるのでしょうか? 先祖霊は供養されずに放っておかれて、可哀相な状況なのでしょうか。また先祖霊は供養を求めて、やはり子孫に祟って病気や事故に遭わせているのでしょうか。
 また先祖霊が供養をして欲しいと願っていると仮定して、それ位の事で、病気や事故など、カワイイ子孫達を苦しめるという選択をするのでしょうか。もしも貴方が亡くなって霊になったとして、孫や曾孫をそうやって苦しめてまで、自分の利益を欲っするのでしょうか。
 「供養されない先祖霊が祟ってます」 と告げる事は、その人の先祖を侮辱しているのと同じです。いくら見えない世界だからと、言って良い事と悪い事があります。

 ですから僕はその患者さんに、こう言いました。

「貴方が亡くなって霊になった時に、供養して欲しさに、子孫を病気にしたりしますか?」

 答えは「いいえ」でした。

「では貴方のご先祖様も、きっと同じです。そんな風に性格が悪いと思われては、可哀相ですよ」

 その場で笑って、納得して頂けました。



一義流気功 心と身体、生き方の総合気療
http://www.ichigiryu.com/

一義流気功教室 普通の人が出来る外気功術
http://www.healing-t.com/

一義流筋力補正法 オリンピックから草野球まで、運動能力の強化
http://www.kin-hosei.com/

人気ブログランキングへにほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村ブログランキング【くつろぐ】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ