春風亭傳枝の落語雜録照相房

 

twitter

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:鯉之助
赤紙です。
新兵から軍曹まで上がって、昭和20年2月、上海沖で重機関銃でグラマンと直接対決中に負傷。
21年12月、戦友の父・六代目春風亭柳橋に入門。
詳しくは「与太郎戦記」を参照のこと。
復員後の入門者は結構多いですよ。
投稿者:しなとら
柳昇師匠は元々職業軍人でいらしたのですか?
そして、復員後、落語界に転身を図られたとすると、当時としては割と「遅い」スタートを切られたことになりませんか?
それとも、既に入門されており、応召されて戦地に赴かれたのでしょうか?
もし御存知でしたら、教えてください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ