2007/8/23

カメラの話題ばかりで申し訳ありませんが・・・  写真は楽し

昨日のキャノンフラッグシップ機EOS-1DsMklllとアドバンスドアマチュア向けEOS-40Dに続いてニコンさんからもD3とD300が発表されました。ニコンはフルサイズとAPS-C2つのフラッグシップという言い方をしてきましたね。これはある意味ニコンの気合いの入れようにも思えます。APS-Cはフルサイズの下位という考え方ではなく、別フォーマットでレンズも共用できるシステムととらえるような言い回しで、決してD300はD3の下というわけではないという位置づけに持って行ったように感じました。
実はニコンのカメラは使ったことはあれども一度も所有したことはなく、フィルム時代はキャノン、コンタックス、オリンパスを状況に応じて使い分けていました。その中でもコンタックスはかの林忠彦先生のお話に魅せられ使い始め、その描写に惚れ込んでいましたが、残念ながら京セラがカメラより撤退、将来へ繋ぐ絆を断たれてしまいました。その後を受けるかのようにコシナさんがカールツァイスと提携、SマウントとニコンFマウントのレンズを出し始めました。キャノンはフランジバックが短いのでマウントアダプタを介せばコンタックスのレンズは使えますが、レンズの取り付け位置がずれることや、絞り込み測光となるため速写性に欠けるとう欠点があります。ZFマウントのレンズはニコンの多くのカメラでマニュアルのニコンレンズを使うのと同じように使えることを知り、食指が動き始めていた矢先にフルサイズD3の発表です。心穏やかではいられませんね。
価格もEOS1DsMklllの半額とは言わないまでも価格差は大きいですし、オーバー2000万画素が自分にとって必要かと言えば???です。
自分の作品作りでは5〜600万画素でも十分な絵が作れると思っていますので、今はフォーサーズがメインとなっているのですが、フィルム時代に35mm、ブローニー、4×5と併行して使っていた感覚からすると大きいフォーマットも一つ欲しいと思うわけです。
個人的には今回の流れで行けばニコンさんの方に魅力を感じています。

もうじき発表される(はず)のオリンパスE-1後継機のスペックがどのようなものか期待と不安で一杯です。
オリンパスはレンズの出来がよい(価格対性能ではダントツではないでしょうか?)ので、それを活かす最高峰ボディは皆待ち望んでいるんですよね。
やはりOM時代のようにボディ・レンズ・フラッシュ・アクセサリとしっかりとしたシステムを構築してメリットを打ち出してもらいたいものです。
0
タグ: 写真 カメラ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ