2019/10/22

101回目の新たな舟出に  Liviang Music Live!!

10月20日(日曜日)、ギタリスト伊藤賢一さんのソロ・ライブが、りびあんでありました。この日は昨日の悪天候から打って変わって、朝から晴天。ライブにとって良好の日となりました。しかも今回は完全なるアコースティックの生音ライブです。伊藤賢一さん曰く「秋の乾燥した空気が、ギターの響きを最高の状態にしてくれた」のだそうです。でも、いえいえ全ての準備に細心の注意を払い、そして一曲一曲にテンションを高め演奏する伊藤賢一さんの凄味がりびあんの(決して響きに優れた空間ではない)空間に魔法をかけ澄み渡るように音を響かせたと言えるのでした。りびあんを訪れてから、演奏が終わるまでの集中力の凄さには、はなはだ魅了されたのでした。

そこで伊藤賢一さんの凄さに少し触れてみたいと思います。それは、当然ですが演奏家として優れていること。またギター曲の編曲家として優れていること。そして作曲家としても優れていること。ギターの響きの美しさを最大限に感じさせる技術があり、また設計図を描くことの出来る優れた人だと思うのでした。

それからもう一つです。今回さらに理解したのが、作詞家?もしくは詩人としてのセンスに優れているところです。「えー!歌を歌わないし、詩のついた楽曲は一つもないでしょ!」その通りですね。ご本人も「私はギターを持ってるからと言って、歌は歌いません」と(笑いをとる)定番の挨拶を行い演奏に入るわけなのですが、そうしたMCで、演奏楽曲毎の前には、必ず前振りというか解説する語りが付けられるのです。ただしそれはリズムを持った序説であり、そこから既に楽曲の內面へと舟を出す水先案內が始まるのです。その序説は曲のタイトル(標題)に対する散文詩で語られる詩とも取り得ることができます。例えば伊藤賢一さんの作る楽曲の標題には、ノスタルジーを感じさせるタイトル「ハックルベリーの舟出」「秘密基地の黃昏」「思い出の自転車」などがあり、また意志を強く感じるさせる「海流」などがあります。これらは、その額面通りのイメーよりもレトリックとしての標題表現を持っています。序説では、そのタイトルに込められた思いや考えの、その內面や奧底にあるものへの視点へと導く言説がユーモアを交えて加えられるのです。それはまたレトリックに対するレトリックの二重構造であり、その意味で詩的な美しさを持っていると言えるのでした。それがつまりは演奏表現への深い視点を与えてくれる。伊藤賢一さんのスタイルは突き詰めた完成された(もしくは完成に向かう)音楽を聴かせてくれるものです。ですが、すべては一期一會。いかにその時々の音楽を聴衆とともに作り上げるか。そこに大きな視点を感じるのです。聴衆に向き合い演奏する伊藤賢一さんのマスターピースへの探究。その姿には、穏やかな小さな曲であったとしても、そこからは、ふつふつと感動の心が湧きあがってくるのでした。

101回目、新たな舟出を意味したりびあんライブは、まさに名演の生まれた回となったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/10/19

伊藤賢一ライブのご案内  ライブ情報

儚く鮮やかな色彩の頃。今の札幌は例年より少し遅い紅葉の季節を迎えています。りびあんから見える藻岩山の森の表情も緑から黄色へ、そして所々に紅をさして鮮やかなコントラストを見せはじめてくれています。この季節を出来るだけ長く楽しんでいたい。終わらないでいて欲しいと、いつもそう思います。しかし例えば良い夢はここぞと言うとろで目が覚めてしまうように、この鮮やかな時期は永くは続きません。まさに一瞬で終わりを迎えてしまうことだってあります。雨が降り雪が降り風が吹き、樹々の葉は飛ばされ押しつぶされて山肌の茶色となり、そして黒くなって行く。秋を迎える度に見てきたこの光景は、歳を重ねごとに切なさを増していくのでした。だけれども儚くもこの季節はわるいものじゃない。そこには何時もドラマがあり、また夢の続きを期待させてくれるからです。

さて、伊藤賢一さんのライブは日曜日。水彩画の淡い色彩にも似たノスタルジーの世界に連れてってくれるギター弾きです。しかしその世界の光と影のコントラスト、色彩表現やデザインは、まるで透視図の様に緻密かつ立体的な表現を持ち奏られる。ノスタルジーへと導く動線デザインと手法が凄いのです。また美しい。伊藤賢一さんは、ひとりで奏でる器楽の最高の音世界を作り出すアーティストなのであります。

この季節と音楽の巡り合わせ。そこに貴方がいなくちゃ物語は始まりません。是非ともお聴き頂きたい音楽です。

ご予約はこちらからも

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/9/22

つきのさんぽライヴいよいよ明日です。  ライブ情報

明日はいよいよ世界旅行音楽団つきのさんぽライヴです。台風の影響が少し心配ですが、彼らの音楽がより幻想的な響きとして聞こえてくれるんじゃないかと期待が膨らんでいます。ご予約まだ間に合います。是非お越し頂きたいライヴです!

クリックすると元のサイズで表示します

※世界中の音楽(民族音楽からコンテンポラリーまで)にあるのメロディとリズムをそれぞれ多色かつ才能溢れるメンバーが織り成すオリジナルワールド。りびあんライブ所縁のゲストとの共演も見逃せません!

【出演】つきのさんぽ[小林瑠衣(バイオリン)齋藤森五(ギター)朝倉"Oshow"尚和(ベース、ティンホイッスル)出田寿一(パーカッション)]ゲスト:星直樹、川又洋治(予定)
【日時】2019年9月23日(月・祝日)16:00 OPEN / 17:00 START
【料金】ご予約は2,500円(ドリンク付)当日3,000円
【場所】りびあん 札幌市南区北丿沢4丁目1-51
【ご予約・お問い合わせ】090-9080-5993(田畑) もしくは liviang@icloud.com


0

2019/8/6

THREE JAVE CAT’Sぞくぞくする最高の楽しさをくれました!  Liviang Music Live!!

日曜日、ピアノ(山下ヤスシさん)ギター(滝川裕三さん)ベース(柳真也さん)によるTHREE JAVE CAT’Sのライブがありました。 1930年代、1940年代とジャズ黄金時代のブラックジャズのスイング感をオリジナリティ豊かに再現したとっても楽しい音楽に大興奮でした。ルイ・アームストロングやナット・キング・コール、デューク・エリントンなどが演じた名シーン名曲をセンス良くコラージュしたプログラムは最高でした!また、そこにリクエストでお願いしていたヴィンス・ガラルディの楽曲を一曲入れてもらったのが、これがまた素晴らしかった。選曲してくれたのは「チャーリー・ブラウンのテーマ」でした。ジャイヴの質感がいっぱいに溢れた演奏がとても良かったのです。りびあんのTHREE JAVE CAT’S、ぞくぞくする最高の楽しさをくれたのでした!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/8/4

Three Jave Cats ライブは本日です。  ライブ情報

[山下ヤスシさん(ピアノ)滝川裕三さん(ギター)柳真也さん(ベース)によるThree Jave Cats。
古き良き時代と今、楽しさと美しさが交錯するスインギーなオールドスタイルのジャズトリオ。実力者たちによるトリオのThree Jave Catsのコンボ名でのライヴは本日です。



■8/4(日)
  Liviang Live Music Series#99
 Three Jave Cats ライブ

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

【出演】Three Jave Cats[山下ヤスシ(ピアノ)滝川裕三(ギター)柳真也(ベース)]
【日時】2019年8月4日(日)17:00 OPEN / 18:00 START
【料金】ご予約は2,500円(ドリンク付)当日3,000円
【場所】りびあん 札幌市南区北丿沢4丁目1-51
【ご予約・お問い合わせ】090-9080-5993(田畑)もしくは liviang@icloud.com こちらからも
1

2019/5/20

Bill Ringsライブで令和元年の幕開け!  Liviang Music Live!!

昨日はBill Ringsのライブが、りびあんでありました。
とにかく一曲一曲の構成の美しさ、また面白さ、そして演奏そのものの聴かせてどころが凄かった。取り上げる楽曲はクラシックから唱歌、伝統曲、またジプシースウィングやピアソラタンゴと多彩。そして優れたオリジナル曲も。取り上げる曲はもともとのクラシカルな旋律が時間軸の中でBill Ringsの音楽ワールドへと変化をしていくのだから目が離せられない。その変化と対比の面白さには、ぐっと耳が引きつけられていくのでした。三人の音楽に対するこだわりと技術の高さは演奏を聴くだけで充分に凄いと伝わってきます。しかしながら、これ見よがしの重厚感ではないさり気なさ、楽しさが随所にあるから音の気持ち良さに最後まで疲れず耳を傾けることができるのでした。洗練されたフルコースを平らげ満足した気分をくれるのです。その中でコントラバスの斎藤さんが楽器紹介でしてくれたウッドベースのエンドピンの話しには、なるほどと納得でした。つまり、楽器を支える床との間にある金属のピンのこと。このピンを直接床に刺すことで地面を伝って響く音の気持ちよさがこの楽器の魅力なのだというのです。普段は床に直接させない状況が多いのでラバーを被せるのだそうなのですが(それが普通だと僕は思っていた)りびあんの床なら板張りなので大丈夫。この響きがなんとも贅沢なのでした。お腹に響くコントラバスの重低音の感覚はいままでの中にあっても異体験をくれたのでした。今年最初のライブ、令和の新しい幕開けを飾るライブとして、将来忘れることのできないだろう、貴重なライブにしてくれたこと、感謝でいっぱいです。アンコールの思いっきりジャーンプ!あー楽しかった!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2018/12/27

ピーターパンの日  ダイアリー

ピーターパン男子諸君、12月27日の今日は「ピーターパンの日」なのだとか。それならばヴィンス・ガラルディの「Never Never Land」を聴きましょか。

「Vince Guaraldi Trio 」(1956)から
美し過ぎる・・・

https://youtu.be/RrabTbd46zw

ヴィンス・ガラルディは、日本ではあまり知られていないジャズピアニストなのですが、ところがアメリカ本国ではかなり有名だとか。それはテレビアニメーション「ピーナッツ(日本ではスヌーピーですが)」のサントラを手掛けた人だからなのです。その当時、アメリカの白人家庭に最も普及した一枚なのだそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ