2013/12/23

12月22日 クリスマスサンデー  

今日はクリスマスサンデー。

朝、子供たちにクリスマスコールを入れる。
5人の子供達にスカイプする。5人のうち、通じたのは3人。通じないことも含めて、「それぞれのクリスマスにクリスマスの祝あれ」との思いを込める。

朝の礼拝は高知聖書教会。 
クリックすると元のサイズで表示します
岡本牧師ご夫妻のお人柄がそのまま教会を育てていることを感じる暖かい交わり。キャンドルサービスから礼拝そして愛餐会。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに夫婦でメッセージとフラによる賛美の奉仕で、嬉しいクリスマス礼拝を感謝。




クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

若い人から年配のご夫婦、先生自身が聴力障害があるため手話通訳をつけているので聴力障害の方が何人も来ておられ、3時を過ぎてもなお続くほど居心地のよい交わりでした。

午後、家にて、クリスマスレターのメールアウトを少ししていると夕拝の時間となる。

夜6時からの夕礼拝に高知聖徒教会へ。
礼拝では植松牧師ご夫妻が高松からこられてのクリスマス。
植松牧師制作の「クリスマス・ストーリー」をDVDで見たあと・・・、

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ここでも朝と同様、夫婦でメッセージとフラ賛美の奉仕をさせていただく。


クリックすると元のサイズで表示します

「君は愛されるために生まれた・・」の賛美のあと植松先生、「クリスチャンのフラは腰をふらずに踊るのですね・・」と繰り返し仰る。後で分かったことは「フラ」をクリスマスに教会で踊ると聞き、悩んでおられたとのこと。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでも豊かなクリスマスディナーで話が弾みます。家から歩いて行ける教会、これからもお手伝いできればいつでもどうぞ・・とご挨拶して家路についたのはもう10時ごろ。

長いクリスマスサンデー・・では明日もあることだし・・と家に帰ろうとした時です。「清和は明日も学校があるのですか。」「もう冬休みに入っていますが、先生方はありますよ。」「そうですか、祭日も出るんですか」「えっ!明日は・・・そうでしたね。明日は天皇誕生日、では、休みです。」平成に入ってからの日本滞在は2年目。12月23日の天皇誕生日には慣れずに忘れていたのです。

そこで明日は休み!思わぬクリスマスプレゼントを頂き・・では、あなたのゆっくりとお休みください。 メリー・クリスマス!


4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ