2014/4/29

4月29日 ハワイ上陸記念日  

今日は黒田ファミリーにとって忘れてはならない「ハワイ上陸記念日」です。
1983年4月29日・・神様の導きだと信じ、小学二年生から高校二年生までの5人の子供たちと共に全く何も分からないまま、ホノルルにつき、マキキ聖城キリスト教会の日本語ミニストリーの牧師として迎えられました。

そして今日、2014年5人の子供たちは全員結婚し10人となり、孫が9人となり、ハワイ、カリフォルニア、東京に住み、私たちはここ高知にいて、大変な中にも、神様のみ手の中にいる日々を過ごしています。今から31年前、岸和田からホノルルに向かう時には全く思いもよらない生活です。

聖書の言葉、1コリント2:9 を思い出します。
「まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」

そして今日、清和学園の卒業生Oさんがお茶に招いてくださいました。丹精込めて咲かせたお花を見せてくださるためでした。
クリックすると元のサイズで表示します
「今日ならまだ大丈夫・・と指折り数えてお迎えしたのに、昨日、一昨日の二日続きの雨で全部散りはててしまいました・・」としきりと残念がってくださいましたが、
クリックすると元のサイズで表示します
私たちにとっては結構綺麗に咲きそろっているようでした。

クリックすると元のサイズで表示します
今から50年ばかり前に清和学園を卒業し、同窓生として清和を心にかけていてくださるくださる3人が清和学園のために何かをしたいと願って私たちを招いてくださったのでした。

「校長と交渉して裏庭の整備をクラス中で引き受け、チャーターしたバス代を学校に出してもらって遠足に行ったのよ。修学旅行は宝塚観劇だったわ。めちゃくちゃなクラスだったけれど思い出すと楽しいことばかり・・。学校は楽しくなくっちゃあ。」

「私が校長時代には朝ごはんを食べてこさせるために、メニューコンテストをして、入賞した子には希望の品としてオーブントースターなんかあげたりして、喜んだわよ。」

「今の清和学園でも出来ることはいろいろあるはず、先ず先生方が楽しみ、その中に生徒を巻き込んで行けるといいわね・・」

その情熱に巻き込まれて、気がつくともう3時間以上も経っていました。神様の励ましだと感謝しつつ、お別れしました。家に着くと新老人の会のフェイスブックのクラスの指導をしていてくださるYさんが康子のI-Padの使い方を見に来て下さり、夕食を共にしながらいろいろ話す。「一粒の麦キリスト教会」に行っていたということで話が弾む。

今年の上陸記念日も、皆様に支えに神様のみ手を感じて喜ぶ一日でした。
ああ、感謝、感謝!
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ