2011/8/21

8月20日   

明日はニューヨーク日本語教会での礼拝である。
良い備えの一日を・・といつも通り、朝泳ぎから始める。
クリックすると元のサイズで表示します
午後はいつも通り、明日のための会場準備。必要とあらば、修理もお任せ、・・これがおたすけマンの良いところ・・と金槌で週報ボックスの修理をします。不器用な太い指に小さな釘が見えません、どうしてこの短い釘が曲がるの・・と悪戦の末、修理完了。

夜は、明日が最後の山田ファミリーが江上家にて夕飯を共に・・と聞き、明日はNY日本語教会へ行き、会えないのでお別れに行く。子ども達を残してご夫妻は自動車の処分と最後の仕事に出かけます。この助け合いが海外生活のうれしいところ。
クリックすると元のサイズで表示します
子ども達にシャワーを取らせ、車の中で眠っても良い準備を済ませてホテルに向かったのはもう、10時を回った頃でした。

戻ってみると二日前から水につけてあった玄米が可愛い芽を出し、水にあぶくが出てきます。
米が生きている・・感動!早速、明日は胚芽米でのご飯を炊けると康子も張り切っています。
クリックすると元のサイズで表示します
ここまで来れば、後は何でもおいしく頂けばそれで良し・・と玄米には手をつけない・・との今までのこだわりを捨てて、いよいよ120歳を目指して見ようか・・とも思っておりますが、はじめての胚芽米のご飯の味はいかに? ところであなたもいかがですか?
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ