2016/2/29

2月28日 京都―寝屋川―高知  

今、高速バスで高知に戻る。2:00AM

長い、濃密な、感謝の一日でした。

朝、
クリックすると元のサイズで表示します
教会の周囲を歩き、マキキからの宣教師ジュリア本山先生を訪ねて来たことを思い出す。確か、高校生の頃だった。

クリックすると元のサイズで表示します

教会では、その内に日曜学校が始まる。子供が来たくなるような雰囲気。これは良い。

そして、礼拝・・
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに、二人で奉仕するスタイルで康子の「主の祈り」のフラ賛美・・

クリックすると元のサイズで表示します

久しぶりの方、初めての方・・中でも最近、信仰への一歩を踏み出されたJさんが来られた。

礼拝後、閨谷先生が声をかけると「まだ、接ぎ木をしたばっかりで・・」と仰ったとのこと。今日のメッセージが届いている・・うれしい。
皆さんと食事会、そして、役員懇談会・・

気が付くと、もう出かけないと・・4時からの「Duo & Trio Takase30周年記念コンサート」に遅れる・・!滅多に乗らない京阪電車に飛び乗る・・・と何とそこにそれこそもう何年目かもわからないほど久しぶりの榊原牧師ご夫妻が居られ、無事ご一緒にコンサートへ。

寝屋川駅の真側にある素敵なアルカスホール・・着いたときはほぼ満席。何人かの久しぶりの牧師たちと挨拶を交わしながら前2列目に席を見つけ、いつもとは違ったアングルから演奏を楽しませて頂く。

演奏中の写真撮影はイケマセン・・との場内アナウンスなので・・これは演奏前のチューニングの時のもの・・(念のため)
クリックすると元のサイズで表示します
30周年と言う大舞台ですが、いつものお二人ではありました‥
クリックすると元のサイズで表示します
兄弟での演奏は初めてお聴きするが・・すばらしい。

チェロの大海原のごとき広がりの上をバイオリンは海鳥が舞うがごとく、ピアノは波のきらめきを添え、時には、激しい怒涛のごとく・・三つの楽器が一つとなり、いいえ、3人の思いが一つになり・・(演奏中、これはどう表現すればよいのか・・と考え、思いついた表現です)

あっという間の2時間でしたが、ステージの3人を見、演奏を聴きながら、幸せいっぱいのご両親を思い、うれしいコンサートを楽しませて頂きました。

クリックすると元のサイズで表示します


すぐ大阪梅田まで急ぎ、夜の高速バスで5時間・・休憩地点に着くまで眠り、眠り、で無事高知に到着。たっぷり寝たので、今は目が覚め、先ずは素晴らしい一日の感謝をおすそ分け・・。

明日、いえ、今日もいつも通り7:07の「ごめん」行きに乗り、チャペルでの話から始めます。

では、とりあえず、おやすみなさい。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ