2016/6/25

6月24日 聖書に親しむ会  

「聖書に親しむ会」を毎学期、3日間開いている。

今夜は第13回シリーズ「休むことの意味と祝福」の第2週目

うれしいことに卒業生がお母さんだけではなくお姉さんも一緒に来られ、又、ボランティア活動でご一緒だと言って小児科のお医者さんが来てくださる。

働くことを美徳とする日本文化の中で休むことの大切さと祝福を考える。

聖書は安息日を守れと教え、初代教会は安息日の交わりの豊かさを通して福音の素晴らしさを表し、それを見た人々は交わりの豊かさを通して信仰に導かれた。

今日も教会が安息を守ることで社会に福音の素晴らしさを伝えることができれば・・と思う。

疲れている人々が「xx教会へ行けば、ライフスタイルが変わるらしいよ」などと噂になれば面白い・・などと話が尽きず、第3回へとつなぎました。

来週も新しい人が続けてお出でになるとか・・よい交わりを楽しく受けとめながら、福音が届きますように…。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ