2016/10/26

10月26日 老婆心  

老婆心・・その意味をネットで調べると次のようにありました。

「老婆心とは年を取った女性が必要以上に気を遣うことから、余計な親切心、要するにお節介のことを意味します。」

何が老婆心かと申しますと・・

今日のチャペルにはゲストとして芸西伝道所に着任して初めてお迎えする竹内先生・・

年はお聞きしませんでしたが、神学校を卒業してすぐに高知の芸西村にある伝道所に赴任された先生。今朝のチャペルも真面目なメッセージ・・

メッセージの後での交わりの中で・・

「最近は如何ですか」「ハイ・・ああ、芸西中学に来られたALTの先生が礼拝に出られるようになりました。」

「いいですね」「日本語は全く分からないのですけど・・」
「先生、英語は?」「あんまり・・」
「その先生に英会話クラスを開いてもらえばいかがですか」「・・・」
「一度、お伺いして話してみると面白そうですね。」

どうしてお葬式の話題が飛んだのか・・分かりませんが・・

「人が死ぬところに立ち会ったことはありますか」「いいえ」
「お葬式の出し方は神学校で習いましたか」「ええ、確かに・・」

気が付くと・・英会話クラスから葬式の出し方まで…

それで終わりはしません。
「魚釣りは?」「まだです。」
「他の先生方とお茶でもしますか」「いいえ」

更に・・魚釣りからお茶まで‥

老婆心ながら・・・大きなお世話です・・

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ