2011/10/24

10月23日 始めての日曜日・・・  

リタイアして半年が過ぎましたが、今日がホノルルで迎える全くフリーの始めての日曜日。日曜日と言えば朝6時から何を、どうするか、決まっており、夕方家に戻ってホッとするのが今まででした。しかし、今日は何を、どのように過ごすか、選び、決めなければなりません。

選んだことは朝をいつもと同じように過ごすこと。デボーション、朝泳ぎ、朝ごはん(・・と言っても生ジュースを作って飲むだけの事)

礼拝をどこで守るか・・色々話ながら、結局はニューホープフェローシップの9時からの礼拝に参加しました。ウェインコデロ牧師がヒロからホノルルにミニストリーの拠点を移したのは確か16、7年前の事。クリスマスやセミナーには参加するものの、礼拝は初めてです。

色々話には聞いていましたが、参加して見て、本当に用いられ、祝されている群だと思いました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

大きいだけではなく、細やかに行き届いたミニストリー:年齢別の子どもプログラムがあり、親は子どもから離れて礼拝できる。その為に高校の教室をいくつも活用。
更に大きくなる準備として、大きなモニターで礼拝できる屋外礼拝テントが準備されている。
そんな中で目をひくJapaneseのサイン。何人ものアッシャーたちがお世話してくれる。
礼拝は1000人収容できる講堂で3回行われ、9時からの礼拝はほぼ満席。
クリックすると元のサイズで表示します

賛美はリーダーたちによって導かれ、静かな礼拝になれているわたし達にも違和感なく、大勢の会衆が一つになって主のみ前にでることが出来、メッセージは「自らをへりくだる。」と言うテーマで、プライドをどう扱うかを聖書全体から分かりやすく説かれていました。
礼拝が終わり、大勢の人々が校外に出るのも、譲り合いスムーズに出ることが出来、クリスチャンマナーの実践を見る事ができました。

家に戻り、お昼を済ませ、午後はゆっくり、リタイアメントパーティに頂いたカードを読ませていただきながら、皆さん、ひとりひとりとの交わりを思い返し、マキキでの生活を感謝しました。

夜は、久しぶりに末息子夫妻と夕食をともにし、夫々の様子を分かち合い、2月に迎える黒田家では始めての双子の誕生までの心準備をすることが出来ました。
リタイアー生活始めての全く自由な日曜日は、このようにゆっくり、味わい深く、一日を過ごすことが出来、感謝しました。あなたの日曜はいかがでしたか。

3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ