2017/11/29

11月28日 自殺について  

今日は自殺対策基本法についての講演会に参加しました。

自殺者の数が3万2863人と3万人を超え、大きな社会問題となったのは1998年。

しかし、2015年には24025人となっています。

確かに、数の上での減少は喜ぶべきことですが、それにしても未だに毎日200人を超える人が死を選ばずに居れない状況に立たせられる現実は大変厳しいものです。

又、自殺と認定される数は現実の一部であって、実数はもっと多いとも聞かされます。

講演を聞きながら、追い詰められていく人々に触れる場と時を作ることの大切さと工夫の必要を覚えたことでした。

目を開き、人を見、耳を澄まし、人の声を聞きたいと思わせられた一日でした。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ