2012/1/23

1月23日 犬も歩けば・・  

午前中、荷物の発送。流石に引越しのプロ。早くて、きれい。

午後、ランチを栗原先生の奥様、みきさんと共に。「私も子育てで余裕の無かったときに、食事に誘ってもらってどれだけうれしかったか・・」今度はわたし達がお誘いする番・・との康子の願い。
クリックすると元のサイズで表示します
色々話す中で、ピカッと光ったみきさんの一言。
「主人があんな人でしょう。だから私はストレスなしなんです。」

その後は特別な用事もなく、雑用を済ませ、岸和田の町を歩く。
大きく様変わりした駅周辺の中で、ある一角だけは昔のまま。そこに「福地」と言う表札を見つけ、思わずブザーを押した。
クリックすると元のサイズで表示します
福地さんは牧師として働き始めた時、教会の近くで支え、励まして下さった姉妹であった。随分早くガンのために亡くなられたが、その息子さん家族を訪ねたのだ。岸和田を出て以来、30年ぶりの再会で、突然の訪問にもかかわらず、近況報告を分かち合い、楽しい時を過ごし、クリスチャンではないが、共に祈り、本を差し上げて分かれる。

川上宅訪問。康子の高校時代のブラスバンド部の後輩である。生憎、仕事で不在。残念!!

夕方から、気温がぐんぐん低くなり、風が出て、寒い!
週の後半からはもっと寒くなると言う。
しかし、久しぶりの再会に心はヌクヌク。
犬も歩けば棒に当たる・・ああ、感謝、感謝!
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ