2011/4/23

パリ便り 第2信  パリ便り

これだけ時差ボケもボケられたら・・と思うくらい、ボケ加減がどの時間帯に合っているのかさえ分かりません。2時に眠り、4時に起き、7時過ぎには眠くなる・・

しかし、今日は受難日です。午前中は静まりの時を過ごします。
次の三つの箇所が心に残りました。
ヨハ 18:4 の「イエスは自分の身に起ころうとするすべてのことを知っておられた・・
ヨハ 18:11 そこで、イエスはペテロに言われた。「剣をさやに収めなさい。父がわたしに下さった杯を、どうして飲まずにいられよう。」
ヨハ 19:17 ・・そして、イエスはご自分で十字架を負って、「どくろの地」という場所(ヘブル語でゴルゴタと言われる)に出て行かれた。

その後、パリ日本人教会の牧師間日記を通して読む。2007年からの日記で、そこには知っている先生方の名前がみられ、神様がこの群れを通してしようとしておられるみ業の大切な部分をひとりひとりに任せておられる様子を感じ、私に任せられた分を果たさせていただくのだと心する。

14時30分に来ますと言う橋本さんが時間通りに来て、近くの案内をしてくださる。時にスーパーでの買い物の要領を見せてくださる。フランスは農業国であり、ワインの本場と言うのが小さなスーパーにも現れていました。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
買い物をしながら、考えてみると1ヶ月以上も「自炊生活」らしきことをしたことは一度もなかったのだ・・と気がつきました。さて、明日からがお楽しみ・・。
買い物を済ませて、町を少し歩いてみましょうか・・と雰囲気になれるために町に出ます。牧師館は静かなところですが、ワンブロック表に出ると、賑やかな大通り。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
マロニエが春の日差しの中を白やピンクの花をつけ、風に揺れ、公園では学校が休みなのか家族連れがくつろいでいました。
牧師館に帰ると5時半、夕食の時間です。牧師館での初めての食事は昨日冷蔵庫に入れておきました・・と言われて開けて見るとこれこの通り、どこにもテリーさんや鈴子さんがいるのだな・・と感謝しました。半分で十分、残りは康子の分だったのか・・
クリックすると元のサイズで表示します
6時半ごろには食事も終わり、まだ眠るには早すぎる・・大通りを出たところをかの「セーヌ川」が流れているとのことで、川まで出てみる。何と、向こうにエッフェル塔が見えるではないか。そうだ、ここはパリです!次の橋まで歩いてみよう・・大体8分程度、これなら20分も歩けば辿りつきそう・・と歩くことにする。
クリックすると元のサイズで表示します
途中、20年ほど前にパリ教会を訪ねたとき、水上遊覧をし、フランスがアメリカに贈った「自由の女神」のオリジナルはこれです・・との説明を思い出す。歩き始めて気がついたことは近そうに見えるが、やはり、高く、大きなエッフェル塔は遠い。結局予想のバイの40分歩いていた。
すごい人出ではあったが、もう一度来れるかどうかは分からない・・今日は何も無いのだからとてっぺんまで登ることにする。何と私の並んだところは第2展望台まで階段で登るところ。帰ってから「地球の歩き方」で調べると何と階段は約700段。ここ数週間の運動不足は一挙に解消。
クリックすると元のサイズで表示します
最上階まではエレベーターが運んでくれ、帰りもエレベーターで降りる。頂上から、帰る道の見当をつけて降りてきたはずだのに、降りてみると、日もとっぷり暮れて、どっちが西かわかりません。
クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと大通りまでの夕方の散歩は何と半日観光のコースを、それも「歩き」でやってのけたのです。これから先はどうなることやら・・??  帰宅時間は22時10分でした。
しばらく様子を見て、ロスの病院に定期コールをし、リハビリは貧血起こすほどガンバリの結果、順調に進み、退院は来週の火曜日になりそうとのことでした。お祈り感謝します。
明日は備えの日、夫々のイースター礼拝が祝福されますように祈ります。

0



2011/4/24  11:44

投稿者:真由美おばさん

トレビアン!これでも第3外国語はフランス語すっかり忘れました。食事は日本食のよう?フレンチもしっかり食べてください。フレンチはコレステロールが恐ろしいですね。

2011/4/23  12:05

投稿者:高瀬

すごいすごい!!
ミセスの動画に感動し、パリの写真に再び感動!!
いいなぁ・・・・
もし、時間があれば・・パリの」路地」を探検してください。たくさんあるので楽しいですよ。
またエスカルゴも食べてみてください。ジュる・・こらこら・・><V 先生も動画をUPしてみてください。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ