2021/6/9

6月9日 地元のうれしさ  

今、住んでいるここ尾崎は私、朔のホームタウンだけではない、

康子にとっても地元、

今日は小学時代の受け持ちのS先生、

コロナの中、1年半ぶりの退院と聞き、

夫婦でお見舞い。

お世話になって70年、今も、忘れられないS先生、

教え子たちは今も、折々に同窓会を開く、


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


うれしいことに、S先生もクリスチャンとなられ、

今日はA牧師とご一緒し、

賛美を始めると声は出ないが共に歌い、

先生の祈りに合わせて「アーメン」

「同窓生と又来ます‥」と約束してお別れする。

70年を振り返り、感謝ができるとは、

やっぱり、地元はうれしい・・と夫婦で感謝!


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


今日も夕方歩きに出かける、

「こんにちわ」

「今日はちょっと涼しいですね」

必ず挨拶をすることにしている。

最近は、

堤防の上から手を振ってくれる人、

「今日はお会いするところが違いますね」など、

向こうから声をかけてくれる人がいる。

そのうち、夕方歩く人がみなお互いに声を掛け合うようになると楽しいだろう。

そんなことを思い、挨拶ををしながら、

夫婦で手を取り合って歩くのも悪くはない。

クリックすると元のサイズで表示します
家に着く頃は日も沈み、

本日の成績は、康子:9,561歩、朔:7,361歩

思いがけず地元に帰り、夫婦で歩ける恵みを、

主にああ、感謝、感謝!
11



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ