2021/10/26

10月26日 時をたがわず・・  

時をたがわず現れ、「やっぱり・・」と気づかせてくれるもの、

クリックすると元のサイズで表示します
秋のコスモス・・パステルカラーの可憐な花、

見る度、何故か、子どもの頃からのシーンが浮かんでくる。

  ・・・

「今年は金木犀が咲かないの、植えて40年、こんなの初めて」

お隣の奥さんと話したのは2日前、

今朝、車の間をすり抜けるとき、「アレッ」
クリックすると元のサイズで表示します
葉陰から届く小さな金木犀の花の透き通った甘い香りが、

「今年は暑く、涼しくなるまで待っていただけ・・。

忘れてなんか、いませんよ」


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「こんにちわ・・」

と予定通りに訪ねてくださった笑顔が二つ。

岸和田をお任せしてHBCに引っ越した時以来の訪問か‥。

2年ほどの間の子供たちの成長ぶり、

コロナ禍で引き継いでくださった教会の様子、

うれしく、楽しいおしゃべりに時間はあっという間に過ぎ、

クリックすると元のサイズで表示します
笑顔を残して帰って行かれた。

「時」を見つけてする訪問は元気を分け合う薬。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


アシュラム以来初めての夕方歩き、

10月も終わりになると夕暮れが早い、

今日も海辺までは行かないうちに暗くなり、

クリックすると元のサイズで表示します
南海電車が通る度に何連結かの「当てっこ」を楽しみながら、

一日を閉じる。

穏やかで、豊かな一日を下さる良き主に、

ああ、感謝、感謝!


 時宜にかなって語られることばは、
 銀の彫り物にはめられた金のりんご。
                    箴 25:11
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ