2021/10/30

10月30日 育てる  

康子が買ったチュウリップの球根、

「いつ植えるの?」

「もう植えた?」

買うと気になるものらしく、

しつこく尋ねはするが、植える気は全くなし。

二人しかいないとなると、植えるのは私・・である。

旅から帰ると12月、出発前に植えておかねば・・ということで、

コーナンへ買い物に行く・・

プランター、土、肥料、土を混ぜるブルーシートなど

一式・・約2000円也 + 球根 10球 400円也

計算をすれば、チュウリップを買う方がきっと安い!


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ということは・・

チュウリップを楽しむのは、

花ではなく、育てること・・

となると‥水やりも、手入れも、楽しむためのもの、

確かに、球根から芽が出、葉が育ち、つぼみとなる・・

手入れをする私の方が楽しいだろう、それも、毎日・・。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


育てる楽しみは子育ても同じ、

我が家も5人、ずいぶん楽しませてもらった。

子育てのベテラン康子のことば・・

「子どもは面白いけど、孫は面白くない」

確かに、ジジババにとって孫はチュウリップの花。

ジジババは見るだけ、育てる楽しみは親のもの。

  ・・・

それにしても、来週は2年ぶりのハワイ、カリフォルニア

やっぱりチュウリップの花が楽しみ、楽しみ。


 見よ子どもたちは主の賜物胎の実は報酬。
 若いときの子どもたちは実に勇士の手にある矢のようだ。
 幸いなことよ矢筒をその矢で満たしている人は。
 彼らは門で敵と論じるとき恥を見ることがない。
                      詩127:3−5
10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ