2011/4/25

パリ便り 第4信  パリ便り

HAPPY EASTER! 
イースター礼拝が「おたすけマンミニストリー」の仕事始め、うれしい一日の初めである。

先ずは、朝ごはん、いや、昼ごはんか・・・? 朝、いや、午後1:30にメトロの駅で待ち合わせをし、牧師館に帰りついたのは午後10時半。食事が入っているとは言え、よく働く群れである。無事に教会到着。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

400年前ごろに建てられ、ナポレオンによってプロテスタント教会へと与えられたのが200年ほど前、今はフランス語、エジプト(何語か聞かなかった)、日本語が5回礼拝をしている。とにかく時間も場所も限られ、工夫が凝らされている。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

石造りの会堂でパイプオルガンで賛美をすると、会衆も残響音を聞きながら、何故かきれいに賛美をするようだ。驚きはオルガニストが神学校の恩師のお嬢さんだったこと。正面の聖壇の聖書もグーテンベルグ時代のものと言う。

今日、私が関わりお話したのは日曜学校、役員会、求道者会、礼拝メッセージ、壮年会・・合計5回。牧師なしでよくここまで、いや、牧師なしだからこそ出来るミニストリーだと思いました。信徒ひとりひとりが、言われて動くのと、自分で考えて動く違いでしょう。
滞在中の日曜の夕食は私たちがお世話します・・との招きで「ここはパリ・・」という夕食をいただきました。いつものことながら、食べ始めてから「写真、写真・・」ということでちょっと失礼。分かる方にはお分かりでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

10時半に牧師館に戻り、定期コールをかけました。CAは午後3時、マキキでは今頃、礼拝中。そして、礼拝に出る前に高知に電話を掛けた時、「今日のイースター礼拝ではフラチームが賛美をしました。」と土佐教会のレポートを聞きました。地球のあちこちで神様の皆があがめられたイースターだと思いました。

「信じないものにならないで、信じるものになりなさい」との主のお言葉を覚えつつ、日本のために祈りました。
長〜い、長〜い「おたすけマンミニストリー」の初日のレポートです。お祈り、感謝!!

0



2011/4/25  19:48

投稿者:マキキの一員

そうですね、吉田ハワード先生も居られますしね・・。

2011/4/25  19:42

投稿者:otasukeman

そうですよね。

一生のお願いとあらば、聞かなきゃなりません・・が、28年のマキキ生活で身に染み付いた「食べる」となると何もかも忘れてしまう悲しい習性は改まる保証はありません。
具志堅先生をお迎えすることを機に、修正をお願いしてみてください。 期待しています。

2011/4/25  16:15

投稿者:Chokatsu

一生のお願いです。
食べる前に写真を撮ってください。

2011/4/25  10:19

投稿者:Yuko

ひえ〜〜、さすがフランス!って感じ。何もかもが歴史の重みを感じますね〜。。それにしても美味しそう。。マキキでもハワード先生がメッセージを取り次いでくだって楽しく、もりたくさんの感謝の礼拝を捧げましたよ〜。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ