2021/12/24

12月23日 小さなクリスマス  

本日「80歳以上の家庭集会」でのクリスマス、

集まったのはいつもの顔ぶれ、

「今年のクリスマスは如何ですか」

「大東亜戦争にも2年従軍した私が100歳を迎えてクリスマスを祝うとは・・、何か神様のお考えがあったのだろうと‥」

100歳を越える人生に神様のみ心を思いめぐらすHさん、

「今年は永遠の命の素晴らしさをしみじみ味わいました。どれ程の痛みがあっても、望みは無くならないから、ありがたいわ」と92歳のKさん、

  ・・・

「神になった人と人となった神」・・

その違いを考え、話し合い、賛美する

クリックすると元のサイズで表示します
娘さんのオカリナア伴奏で賛美するHさん親子、

私たちも共に賛美
クリックすると元のサイズで表示します
「♫ き〜よし〜♬、こ〜のよ〜る〜♩」
 

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


クリスマスを感謝した後、

人となり、私たちのことを知っていて下さる神のみ子に祈る。

「Kさんのお孫さんをお癒しくださいますように・・」

  ・・・

明日は、クリスマスイブ、この年も主のご降誕を感謝し、祝う。


 御使いは彼らに言った。
 「恐れることはありません。
 今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを
 知らせに来たのです。

 きょうダビデの町で、あなたがたのために、
 救い主がお生まれになりました。
 この方こそ主キリストです。

 あなたがたは布にくるまって
 飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。
 これが、あなたがたのためのしるしです。」
                       ルカ 2:10−12
15



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ