2021/12/27

12月27日 40年ぶり  

昨日の礼拝に下関から帰省中のY兄が居た。

独り暮らしのお母さんのお世話だという。

そこで、今日、夫婦してお母さんを訪ねる。

40年ぶりの懐かしい訪問

  ・・・

入り組んだ路地を入る、

そうそう、この道、この道・・

「お久しぶりです」

数えると40年ぶりなのに話がはずみ、

話題は介護@で受けられるサービスからお墓まで、

隣で還暦が近くなった元高校生のY君がニコニコ。

「電話をください、いつでも走って来ますよ」

「ありがとう、心強いです」

  ・・・

「じゃあ、お祈りさせていただいてよろしい?」

夫々の健康とご一家への祝福、永遠の命への招きを祈り、

「ハワイで見つけた素晴らしいクリスチャン生活」を差し上げる。

「本を読むのは大好きなので・・」

「良かった、この次、感想を聞かしてください」

良き交わりを下さった主に、ああ、感謝、感謝!


 だから知れ。【主】がアハブの家について告げられた。  
 主のことばは一つも地に落ちないことを。
 主は、そのしもべエリヤによって
 お告げになったことをなされたのだ。   U列王記 10:10

12



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ