2021/12/31

12月31日 明日に備えて  

大晦日、明日に備えて辻先生ご夫妻が来て下さる。

勿論、元旦礼拝の準備ではあるが、

実際に時間をかけたのは、
クリックすると元のサイズで表示します
石臼でつく餅つき準備です。

只の準備ではなく、今までの淡輪以来の50年を振り返り、

今までの感謝、今抱えている課題、年を重ねた現実・・
クリックすると元のサイズで表示します
話ながらの3時間、餅つき準備完了。

これで、新年を迎えられます。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


これで、新年・・と思っている所に、

「うちのMが紅白に出るの・・」

「ええっ?!!」

歌ったのではありませんでしたが・・出ていました!
             
クリックすると元のサイズで表示します
けん玉103番!

見届け、いよいよ新年です。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2021年はコロナで開け、コロナを尚、来年に持ち越し、

世界の緊張もその度を増しながら来年を迎え、

今直面している課題はそのまま残る現実を前に、

私たち夫婦は毎年言い交すことにしている言葉

「色々あった・・けど、それでも、今年も最高だったよね」

を言い交しながら、新年を迎えます。

王の王、主の主に、ああ、感謝、感謝!


  わがたましいよ。【主】をほめたたえよ。
  主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。
  主は、あなたのすべての咎を赦し、
  あなたのすべての病をいやし、
  あなたのいのちを穴から贖い、
  あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、
  あなたの一生を良いもので満たされる。
  あなたの若さは、鷲のように、新しくなる。
                    103:1ー5
10



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ