2022/5/20

5月20日 うれしい便り  

うれしい便りが届く・・

マキキではCSの生徒、

高知ではレインボーコネクションで迎え、

会うごとに頼もしくなっていたJ君が法学部を卒業、

7月の試験を受けて弁護士への道を進むとのこと。

  ・・・

マキキでいた頃、毎週の暗証聖句を覚え、

確か3歳頃主の祈りを祈り、十戒を覚えていたMさん

帰国後、色々な厳しい所を通りながらも、

めげずに歩き続け、国家試験も無事合格、

4月からは聖路加国際病院での研修医‥とのこと。

  ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
午後は家庭集会と割れた奥歯の治療で過ごし、

「3歳ではないけれど、年相応に励みたいね」と、 

うれしい便りを読みながら夫婦で思う・・

 また、アシェル族のペヌエルの娘で
 アンナという女預言者がいた。
 この人は非常に年をとっていた。
 処女の時代の後、七年間夫とともに暮らしたが、
 やもめとなり、八十四歳になっていた。
 彼女は宮を離れず、
 断食と祈りをもって夜も昼も神に仕えていた。
 ちょうどそのとき彼女も近寄って来て、神に感謝をささげ、
 エルサレムの贖いを待ち望んでいたすべての人に、
 この幼子のことを語った。         
                     ルカ2:36‐38
12



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ