2011/4/27

パリ便り 第6信  

時差ボケが取れない。その理由のひとつは、これをしなければならない・・と言う必要が無いからだと気がついた。体の求めるままに目覚め、仕事をし、食べ、眠る。日曜日の一日スケジュールを日本で済ませ、ひと飛びしてホノルルに着き、更にもう一度日曜日・・といった時差ボケなしの生活とは将に逆の生活だ。

朝泳ぎして、コーヒーを済ますとオフィスに入る。マキキでの牧会ぺースは20年来変わることが無かった。私にはそれが私のペースであり、それが私の牧師としての生活でした。

しかし、今、リタイアして、パリに来て、全く違った状況の中で、「牧師としての生活」の基本、生活のペースとはどんなだろうかと思い始めています。出勤時間があるわけではない。共に働く人が居る訳ではない。毎日の仕事が待っているわけでもない。

考えることも無いまま、ひたすら、夢中で41年間「牧会生活」を続けてきたけれど、果たしてそれでよかったのか・・と今、パリの自由さの中で考えています。店のオーナーが一番良い売り上げを得るために、店の時間を考え、仕込みをし、それに合わせた生活を作るように、神様との関係を豊かに保ち、人との関係造りを考え、教会のプログラム、日曜礼拝の準備・・などなどを最善に創り上げるために「牧師としての生活」も心して選び、真剣に作り出すものなのだ・・とおたすけマンとして考え始めています。

そんなことをしている間に2時になり、今日はどこへ出かけましょうか。教会へ行くときに使うメトロ10番に乗り、途中で4番に乗り換え、着いたのが有名なノートルダム大聖堂のあるセーヌ川にあるシテ島。大阪の中ノ島と丁度おんなじ感じです。

最初の見学はサント・シャペル。何とキリストの聖遺物を収めるために13世紀に建てたというステンドグラスで有名な会堂。
クリックすると元のサイズで表示します
15の窓に創世記から黙示録までを1134景で現しているという。確かに解説通りに見ていくと、聖誕場面がありました。
クリックすると元のサイズで表示します
ステンドグラスの保存事業が進められていたけれど、宣教スピリットは今何処・・と思う。続くはコンシェルジュリー。宣教部が「コンシェルジェル」と名づけてビジターのお世話をしようとしていることを思い出す。ここはフランス革命の際に、反革命容疑者が収容され、恐怖裁判が行われ、1793〜4年の間に2780名がギロチン送りにされたところ。マリーアントーワネットもその一人でした。
クリックすると元のサイズで表示します

暗い説明を後にセーヌ川の側のごちゃごちゃ道を通ると突然、そそり立つ大聖堂。
クリックすると元のサイズで表示します
ここでも有名なのがバラステンドグラスです。
クリックすると元のサイズで表示します
左右に旧約と新約聖書の物語が描かれており、新約物語の中心はイエスの誕生とのことでした。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します今回は一人旅なればこそで、日本語録音ガイドを頼りにきっちり説明を聞きながら見学。外に出ると未だ日は高く、エッフェル塔はここからも見えましたが、今日こそは・・と地下鉄で家に無事到着。食事を作り食べました。娘がシンパイするので写真を載せます。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

お品書きは載せませんが、結構なお献立でしょう。さて、真ん中は何でしょう?当ててください。答えの前に、右側はこんな絵が付いて、土佐名物・・とか書いてあると誰でも「かつお」の生節かと思うでしょう。食べて見ようと思うと手が滑って、「カチャン」という音がしたのです。何やこれ?!手にとって見ると何と「ニッキ飴」・・間違ったほうが悪いというかも知れませぬが、紛らわしいものを作ったほうの罪も問われるべきだと思いました。
真ん中の答え:エレベーターの中(パリではこれで3人用)下に見えるは私の靴であります。日本のエレベーターは十分大きいと感じました。
明日、康子は退院とのことです。お祈り有難うございました。後一ヶ月を夫々無事過ごして、6月に戻れるようにと願っております。

0



2011/4/28  16:21

投稿者:Yuko

家族の交換日記の間にストーカーのように毎日見に来てる私。。

カツオ=ニッキのココロはふささんが解いてくれるでしょう。

2011/4/28  1:42

投稿者:Setsu

しっかり作って食べてる。
えらい、えらい!
ちゃんと作って食べたね。
父さんのツアーガイド、なかなかいいよー。
毎日楽しみに読んでます。(なんか、家族の日記帳のようになってきてるけど。)

今日のお昼2時に母さんは退院、夜に新しいアパートに入るよ。
昨日、夜逃げの反対で、夜中に堅と友達の知美ちゃんに手伝ってもらって荷物を入れました。
引越し、終わるかなぁ。

2011/4/27  12:50

投稿者:康子

何と大きくて美しいのかと驚いています。
自分の目で見るともっと凄いのでしょうね
また教えて下さい。
もっともっとパリを見てきて下さいね
前に私も見た事があったと思うのですが私は何時見ても始めての感動をする人
きっとワーワーと言っていた事でしょう
私の分までわー凄いと言っといて下さいね

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ