2012/6/24

6月24日 良い日曜日を感謝!  

朝目を覚ますと8時!!
これ程、眠ったことは滅多に無いこと、何だか得をしたような気分。

昨日。電話で教えていただいたように上町4丁目で降りて、キョロキョロしていると、見覚えのある女の子がニコニコして待っていてくれるのに気がついた。久保さんである。
「お父さんが迎えに行っておいでといったの?」「ウン。」
クリックすると元のサイズで表示します
改革派高知教会である。天井が高く、木造の礼拝堂で声が明瞭で、気持ちよい。
メッセージ「御心に添った悲しみ」をとおして、日頃、私達は問題を避けて通りやすいが、問題は正しく扱われることでのみ、本当の悔い改めと赦しのすばらしさが実現すると語られる。

時間を頂いて清和女子中高等学校からのお礼と現状をお知らせし、さらに祈りとご支援のお願いをする。「私の知っている限り、清和女子中高等学校から校長が来て挨拶をしたのはこれが始めて・・」との司会者のことばに具体的なふれあいの大切さを思う。

生徒も土橋先生も高知教会から送られ、「私も卒業生です。」と何人かから挨拶を頂き、中でも「私も卒業生、子どもも清和学園でお世話になり、PTAの会長もさせたいただきました。今年95歳になります。」と言うごあいさつの市原さんとは、思わずツーショット。
クリックすると元のサイズで表示します
マキキの名物、シゲサンの「アローハ!」の司会振りを話すと「わたしも頑張らないといけませんね。」とのお返事が戻ってきた。

お茶を頂きながら、楽しい訪問を終えて家に帰り、CAから戻るとまっている宇和島での「岩松アシュラム」の準備をし、夕食は中川宅へと招かれ、出かける。一週間ぶりの中川宅は何だか随分久しぶりのように思う。それほど、頻繁に押しかけてきていたことだ・・。

「清和の同窓会の岡崎さんのご主人の釣って来られたイサギです。」と出された立派なお刺身に感動。お味は勿論、最高!!
クリックすると元のサイズで表示します
康子不在の一週間の栄養補給をしっかりさせていただく夕べとなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

お隣、前田ファミリーとの夕食で、話題はいろいろ。ご主人が社長をしていたころ、清和の卒業生、一人の働きで会社の業績が群を抜いて良かった事がありました。勉強家、努力家の彼女のおかげでした・・と聞かされ、何年も前のことであっても、これ程うれしいのは、私もかなり「清和の校長先生してるな・・」と思ったことでした。

さあ、新しい週が始まります。今週は、ボランティアとして3ヶ月滞在するChelseaがCAから到着、入れ替わりで私がCAへ10日ほど出かけます。準備が良く出来ますように。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ